■ 「メガネブ!」キャストに赤羽根健治、諏訪部順一、木村良平ほか

「TVアニメ『メガネブ!』製作発表お披露目会」が本日行われ、メインキャラクター5名を演じるキャスト陣がついに発表された。

メガネ部部長を務める熱い漢の相馬鏡役を赤羽根健治さん、鏡に憧れる弟キャラの鎌谷光希役を宮田幸季さん、マイペースな癒し系の鉢嶺拓磨役を田丸篤志さん、ミステリアスなシャイボーイの三鍋友紀也役を諏訪部順一さん、底抜けに明るいムードメーカーの木全隼人役を木村良平さんが演じる。

「メガネブ!」は、全員メガネの男子高校生5人が異常なまでの情熱をメガネにかける姿を描いた青春グラフィティ。監督を「この男子、宇宙人と戦えます。」「この男子、人魚ひろいました。」で知られる新進気鋭のアニメ作家・山本蒼美さん、キャラクターデザインを「らんま1/2」「薄桜鬼」の中嶋敦子さん、シリーズ構成を「荒川アンダー ザ ブリッジ」「BLAZBLUE ALTER MEMORY」の赤尾でこさん、アニメーション制作をスタジオディーンが手掛け、10月から放送がスタートする。

相馬鏡(そうま・あきら):CV.赤羽根健治
愛用メガネ:スクエアセルフレーム 視力:左右ともに0.03
【プロフィール】
メガネ部部長で、メガネ部の発起人。全人類を「メガネ」と「メガネじゃない奴」と「おねーさん(女)」の3つに分けて認識している。コンタクト使用者には「軟弱者め!!」と喝を入れて回っている。熱い漢(おとこ)で、メガネの事と部員(仲間)の事でケンカする事が多々ある。
【キャストコメント】
「メガネブ!」この言葉に最初はピンときませんでした。概要を聞くと、とにかくメガネが中軸になるお話だそうで(笑)。全国のメガネ好きの方々お待たせしました! 相馬鏡の第一印象ですが、誰よりもメガネを愛する男!でした。この鏡のメガネに対する情熱とエネルギー量は圧倒的で、自分も負けないよう全エネルギーを注いで演じたいと思います! というわけで、メガネ好きな方もメガネにまだ興味がないという方も、是非楽しみにしてて下さい! だいぶメガネメガネ言いましたが…皆さまよろしくお願いします!メガネー!!

鎌谷光希(かまたに・みつき):CV.宮田幸季
愛用メガネ:アンダーリムセルフレーム 視力:右眼:0.08/左眼:0.4
【プロフィール】
鏡LOVE な愛らしい弟キャラ。憧れの鏡先輩をサポートしたい!とメガネ部に入部。度が超えたリスペクトにより、時に二重人格になることも。鏡に頼られたい一心で、いろいろ頑張っている。口が達者でメガネ部の中で、唯一純粋な突っ込み担当。入学当初はダサいメガネだったが今のメガネを鏡と一緒に買いに行ってもらった。
【キャストコメント】
祝!TVアニメ化! 光希はかわいい容姿&紫メガネキャラ。「紫メガネ」ってかなりのチャレンジャーですよね!?(笑)。もちろん他のキャラクターも全員イケメンメガネ男子。「メガネブ!」を通してこのキャラクター達がどんな物語を展開させるのか今から楽しみです。「メガネブ!」…応援よろしくお願いします。

鉢嶺拓磨(はちみね・たくま):CV.田丸篤志
愛用メガネ:ウェリントンセルフレーム 視力:右眼:0.2/左眼:0.4
【プロフィール】
マイペースな癒し系おとぼけやさん。常にぽわぽわしていて、メガネ部内でも特に何もしていない。見た目は王子様でなんでもスマートにこなしそうだが、あらゆるセンスが絶望的にない。自分自身より、友だちのことを大事にする。
【キャストコメント】
拓磨の絵を初めてみたとき、頭の良いお兄さんという印象でした。メガネもかけてましたし。でも全く違って…他の4人と同じく拓磨もなかなかのおバカです(笑)。5人の中で一番見た目と中身のギャップが大きいんじゃないかと思います。メガネ愛がたくさん詰まった「メガネブ!」。5人はどんなキャラクターなのか! どんなストーリーになるのか! 楽しみにしていてください!

三鍋友紀也(みなべ・ゆきや):CV.諏訪部順一
愛用メガネ:メタルナイロールフレーム 視力:左右ともに0.01
【プロフィール】
ミステリアスなシャイボーイ。鏡の幼なじみで超インドア派。何でもかんでもすぐに「yPad」で調べるため、物知りだが経験値が少ないので世間知らずと言われる。一日一時間の昼寝をかかさない。
【キャストコメント】
まだ台本を頂戴しておりませんし、収録もこれからの予定なので、演じるキャラがどんな人間なのか? 果たしてどのようなドラマが繰り広げられるのか? すべてが未知数です。ただ1つ理解っていることは「メガネをかけている!」(笑)。楽しい作品になるよう頑張りたいと思います。心のメガネをきれいに磨いて、お待ちください!

木全隼人(きまた・はやと):CV.木村良平
愛用メガネ:オーバルスクエアセルフレーム 視力:右眼:2.0/左眼:2.0
【プロフィール】
底抜けに明るいムードメーカーで、メガネ部唯一の伊達眼鏡。メガネ部入部を希望したが、視力が良すぎるため、鏡に拒否されるが、どうしてもメガネ部に入りたくて頼んで頼んで頼み込んで仮入部にしてもらった。究極のかまってちゃんで、全員に絡んでくためみんなにうっとうしがられるが、本人は結果かまってもらえているので大満足。面白そうな事を素早くキャッチし、あっという間に参加する。
【キャストコメント】
山本蒼美さんと久しぶりに作品作りできるのが、楽しみでなりません。きっと、独特で楽しい世界を見せてくれることでしょう。みんな、メガネ好きになる覚悟はいいか!?

(C)2013 メガネブ!プロジェクト/メガネブ!製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月9日(金)

2016年12月8日(木)

2016年12月7日(水)

今日予約開始の商品