■ ついに完結の「頭文字D」の新劇場版アニメが2014年夏公開決定

1995年から「週刊ヤングマガジン」で連載され、単行本累計発行部数4800万部を誇るしげの秀一さんによる人気漫画「頭文字D」が7月29日発売「週刊ヤングマガジン」で18年にわたる連載の最終回を迎える。

それでも伝説は終わらないということで、原作最後のバトルをアニメ化する「頭文字[イニシャル] D FinalStage」の制作が決定した。さらに「新劇場版 頭文字D」が2014年夏に公開されることも決定。その先行映像が7月26日~29日に渋谷ヒカリエで開催される「ヤングマガジン大アート原画展2013」で初公開される。

「頭文字D」は、主人公の藤原拓海が豆腐屋を営む父親の愛車“ハチロク”に乗り、関東各地の名だたる走り屋たちを相手にダウンヒルバトルを繰り広げ、“公道最速”を目指すストーリー。1998年にアニメ化され、これまでFifth Stageまで制作されている。Final Stageでは、関東最終戦となる神奈川決戦で、藤原拓海のハチロクと、同じくハチロクを駆る乾信司との“ハチロクvsハチロク”の壮絶ダウンヒルバトルが描かれる。

(C)2014新劇場版『頭文字D』製作委員会

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)

2016年11月30日(水)

今日予約開始の商品