■ 宮野真守と渡辺麻友がハリウッド映画の日本語版吹き替えで共演

11月1日から公開されるハリウッド映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海」の日本語吹き替え声優が発表され、前作に引き続き、主人公であるポセイドンの息子パーシー役を宮野真守さん、オリンポスの12神の1人アテナの娘でパーシーとともに冒険の旅に出るアナベス役を渡辺麻友さんが演じることが決まった。

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海」は、ギリシャ神話の世界と現代アメリカを融合させ、世界を熱狂の渦に巻き込んだ奇想天外なアドベンチャー巨編「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の続編。渡辺麻友さんがハリウッド映画の吹き替えを担当するのは今回が初めてとなる。

渡辺麻友さんは初めての実写吹き替えに「ハリウッド作品に参加させて頂けるとは思っていなかったので、驚きと同時にとても嬉しかったです。素敵な作品に携わらせて頂ける機会に感謝するとともに作品の名に恥じぬ様、精一杯演じさせて頂きたいと思います」とコメント。さらに共演する宮野真守さんについて「声優やアーティストなど、幅広く活躍されている宮野さんと共演させていただけると聞きとても楽しみです! 共演させていただく事によって、沢山の事を学びたいと思っています」と語っている。

一方の宮野真守さんは渡辺麻友さんとの初共演について、「どんなコラボレーションが生まれるのか、楽しみで仕方ありません! スケールアップしたこの映画をスケールアップした宮野真守で盛り上げられるよう、気合いを入れてアフレコに臨みます」とコメントしている。

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海」は11月1日(金)の映画サービスデイより3D/2D字幕・吹替版が同時公開。神々の世界と人間界の2つの世界の運命をかけた“魔海”の旅が始まる。


(C)2013 Twentieth Century Fox
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月10日(土)

2016年12月9日(金)

2016年12月8日(木)

今日予約開始の商品