■ 宮野真守、渡辺麻友、ふなっしーがハリウッド映画の舞台挨拶登壇

11月1日から公開されるハリウッド映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海」の舞台挨拶が、11月3日(日)に有楽町にあるTOHOシネマズ スカラ座で実施されることが決定した。

舞台挨拶には、日本語吹き替え版でパーシー・ジャクソン役を演じる宮野真守さん、アナベス役の渡辺麻友さん、ゆるキャラとしては初めて実写吹き替えに挑戦したふなっしー(ヘルメスの力の象徴である杖に絡みつく蛇のジョージ役を担当)が登壇。チケットは10月18日24:00より発売が開始される。

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海」は、ギリシャ神話の世界と現代アメリカを融合させ、世界を熱狂の渦に巻き込んだ奇想天外なアドベンチャー巨編「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」の続編。現代に甦ったギリシャ神話の世界を舞台に、パーシーの壮絶な冒険の旅が新たに幕を開ける。

「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」
11月1日(金)“映画サービスデイ” 3D/2D 字幕・吹替同時公開
配給:20世紀フォックス映画
●あらすじ
現代ニューヨークに暮らすパーシー・ジャクソンは、ギリシャ神話のポセイドンと人間との間に生まれたハーフゴッド。彼は不気味な預言者の言葉から世界が危機にあることを知る。かつて父ポセイドンが封印した神々の王・クロノスが復活しようとしているのだ。復活と世界の破滅を止められるのは魔の海に隠された黄金の毛皮だけ。パーシーの2つの世界の運命をかけた魔の海のクエストが始まる!

(C)2013 Twentieth Century Fox


関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)