■ 高垣彩陽が女子プロレスアニメ「せかつよ」で悪役レスラーを演じる

10月からスタートしたTVアニメ「世界でいちばん強くなりたい!」の追加キャストが発表され、悪役レスラーのユンボ山本役を高垣彩陽さんが演じることになった。

悪役レスラー・ユンボ山本は、10月20日放送の第3話「ギブアップ!」で初登場する。原作コミックではおなじみの凶悪同盟の首領(ドン)で、個性的なメイクを施したルックスがひときわ異彩を放つ存在。手には凶器と思われる竹刀を持ち、迫力のボディで対戦者を苦しめる。

第3話では、デビュー戦で惜しくもギブアップで負けてしまう萩原さくらが、観客から次第に罵声を浴びせられるように──プロレスへの転向に悩むようになるさくらが豊田美咲の試合を観戦し、その堂々とした立ち振る舞いを目の当たりにして、何かを感じ取ることになるというストーリーが展開される。



「世界でいちばん強くなりたい!」は「コミック アース・スター」で連載中の新感覚女子プロレス漫画が原作。国民的アイドルグループ「Sweet Diva」で不動のセンターボーカルとして活躍する萩原さくらが新たな活動の舞台に女子プロレスのリングを選び、大切な仲間・宮澤エレナへの想いとSweet Divaの誇りを守るため、プロレス団体「ベルセルク」のレスラーとして勝負に挑む物語が描かれている。

(C) ESE/世界でいちばん強くなりたい!製作委員会
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月6日(火)

2016年12月5日(月)

2016年12月4日(日)