■ アニメ「弱虫ペダル」箱根学園キャラクター総登場の最新PVが公開

現在放送中のTVアニメ「弱虫ペダル」の最新PVとして、主人公・小野田坂道(CV:山下大輝)が所属する総北高校自転車競技部のライバル・箱根学園(ハコガク)のキャラクターが総登場するスペシャル映像が公開された。

最新PVでは、王者・箱根学園のエース、福富寿一(CV:前野智昭)をはじめ、坂道と同じ1年生でクライマーの真波山岳(CV:代永翼)、総北・巻島のライバルで“山神”と呼ばれる東堂尽八(CV:柿原徹也)、最速の称号を持つ箱根学園エーススプリンター・新開隼人(CV:日野聡)、チームの運び屋として活躍する“野獣”荒北靖友(CV:吉野裕行)や、鍛え抜かれた筋肉を持つスプリンター・泉田塔一郎(CV:阿部敦)ら、個性あふれるキャラクターが次々と登場。豪華キャスト陣によるキャラクターボイスと、迫力あるアニメ映像で、箱根学園(ハコガク)のキャラの魅力をたっぷり楽しむことができる。


また、12月2日(月)のテレビ東京を皮切りに放送される第9話「全力VS全力」では、1年生だけのウエルカムレースがいよいよ決着を迎える。今後インターハイに向けて、箱根学園はもちろん、ライバル校のキャラクター達が徐々に姿を現していく。



「弱虫ペダル」は、渡辺航さんが「週刊少年チャンピオン」に連載中のサイクルロードレース漫画が原作。アニメやゲームを愛する主人公のオタク少年・小野田坂道が仲間との出会いをきっかけに、自転車競技の世界に足を踏み入れ、インターハイを目指していく本格的なスポーツ作品となっている。

(c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月10日(土)

2016年12月9日(金)

2016年12月8日(木)

今日予約開始の商品