■ 「弱虫ペダル」の強烈なキャラクターの御堂筋役に遊佐浩二が決定

現在放送中のTVアニメ「弱虫ペダル」の追加キャストが発表され、御堂筋翔役を遊佐浩二さんが決定した。

御堂筋翔は、主人公・小野田坂道らの総北高校、そして王者・箱根学園と激しい戦いを繰り広げることになる重要キャラクター。京都伏見高校自転車競技部に所属し、1年生ながら規格外の速さを持ち、先輩であろうと自らの兵隊として扱いチームのエースに君臨する。「求めるものは勝利のみ」という信念を持ち、総合的なスピードだけでなく、レース戦略や相手に仕掛ける心理戦にも秀で、勝利のためなら手段も問わないという、作中でもその風貌、キャラクター、振る舞い、アクションと、最も個性的な人物として描かれている。

そんな御堂筋翔役を演じる遊佐浩二さんは、「お話をいただいてから原作を読ませていただきました。面白くて一気に読んでしまいましたが、御堂筋くんをやる事にはプレッシャーを感じました。ビジュアルも一人だけ異質なこともありますし、人間離れした表情など振り幅がすごい! 御堂筋君は非常にエネルギッシュで、勝利への執念のものすごい人ですので、僕も全力で役に取り組ませていただきます!」と語っている。御堂筋翔のキャラクターがよくわかるショートPVが公開中だ。


「弱虫ペダル」は、渡辺航さんが「週刊少年チャンピオン」に連載中のサイクルロードレース漫画が原作。アニメやゲームを愛する主人公のオタク少年・小野田坂道が仲間との出会いをきっかけに自転車競技の世界に足を踏み入れ、インターハイを目指していく物語となっている。

(c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月4日(日)

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

今日予約開始の商品