■ 「弱虫ペダル」追加キャストに声優界きってのサイクリスト野島裕史

現在放送中のTVアニメ「弱虫ペダル」の追加キャストが発表され、主人公・坂道が所属する総北高校と王者・箱根学園の両校がインターハイで激しい戦いを繰り広げることが予想される京都伏見高校のキャプテン・石垣光太郎役を野島裕史さんが演じることが決定した。

石垣光太郎は京都伏見のキャプテンを務める実力派で、圧倒的な力を持つ新1年生・御堂筋翔(CV.遊佐浩二)にエースの座を追われてしまうも、彼の実力に全国制覇の夢を託し、チームのために我慢と根性の走りでアシストする。

そんな石垣光太郎役を演じる野島裕史さんは声優界きっての“サイクリスト(自転車乗り)”として知られ、鈴村健一さんの富士山~大阪390キロ全力中年チャリンコの旅にもロードバイクのテクニカルアドバイザーとして同行した。

野島裕史さんは「原作のファンとして、声優一と自負する自転車好き、自転車マニアとして、とても出たかった作品です! 待ってました! 本当にお呼び頂いてうれしい限りです。呼んでいただいた収録初日から、自転車に関する質問を受けたり、教えたり、とても幸せな時間でした。実は関東出身の僕に京都弁はとても難しいのですが、そんな苦労は吹き飛ぶほど楽しく取り組ませて頂いております。今後も少しでもこの作品にかかわっていけるように、頑張ります!!」とコメントしている。

なお、1月6日のテレビ東京でのオンエアを皮切りに、「弱虫ペダル」は第2クールがスタート。第13話「今泉と鳴子の1,000km」では、過酷な合宿に臨む総北メンバーの奮闘だけでなく、王者・箱根学園や野島裕史さん演じる石垣が所属する京都伏見高校のメンバーも登場する。





「弱虫ペダル」は、渡辺航さんが「週刊少年チャンピオン」に連載中の累計発行部数が700万部を突破したサイクルロードレース漫画が原作。アニメやゲームを愛する主人公のオタク少年・小野田坂道が仲間との出会いをきっかけに自転車競技の世界に足を踏み入れ、インターハイを目指していく物語が描かれている。

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月5日(月)

2016年12月4日(日)

2016年12月3日(土)

今日予約開始の商品