■ CR「エウレカセブン」プレス発表会にホランド役の藤原啓治が来場

1月8日にベルサール秋葉原で西陣による「CR交響詩篇エウレカセブン~真の約束の地~」プレス発表会が開催され、2005年~2006年に放送されたTVアニメでホランド・ノヴァク役を演じた藤原啓治さんがトークセッションに登壇した。

トークセッションは、「大人のためのエウレカセブン講座 理想のリーダー“ホランド” -男が惚れる男の生き様-」と題して展開。藤原啓治さんはホランドという人物について、「反骨精神にあふれたキャラクターで、演じていて生々しい男。個性的なメンバーを束ねていくために、リーダーとはどういうものかを常に追求している、リーダーシップが強い男だと思う」と語った。

さまざまな場面でホランドが決断した答えは正しかったのかを議論する「ホランドに学ぶ、男が惚れる男の生き様クイズ」では、藤原啓治さんだったらどう決断するかの質問も。「お金に余裕はないけれど彼女に限定品の指輪をねだられた」シーンでは、ホランドは「買ってあげた、しかも内緒で」だったのに対し、藤原啓治さんは「買うわけないだろ」、「サッカーの試合、ボロ負けで折り返したハーフタイム。後半の作戦は?」の質問ではホランドの「まもらねぇ」に対し、藤原啓治さんは「選手総入れ替え」と答えていた。

藤原啓治さんは「個人的にも『エウレカセブン』は大好きな作品。ホランドはとても感情移入しやすいキャラクターで、理想の男にも近く、悩み迷いながらも前に進もうとする男の生き様がカッコいい。作品自体は(2006年に)完結しているが、こういう形で世に出るのがとてもうれしい」と、トークセッションを締めくくった。

「CR交響詩篇エウレカセブン~真の約束の地~」は「交響詩篇エウレカセブン」3機種目の最新パチンコ台で、2月3日より全国のパチンコホールで稼働予定。原作アニメ全50話をフルコンプリートし、原作ファンとパチンコファンを完全魅了すべく、「交響詩篇エウレカセブン」にふさわしいドラマティックな演出と、瞬きできないほどの完全新作3DCGバトルや原作ファンならば絶対に見たくなるオリジナルバトルも搭載されている。

さらに、交響詩篇の名に恥じない全10曲をコンプリート。オープニングテーマの「DAYS」「少年ハート」「太陽の真ん中へ」「sakura」、エンディングテーマの「秘密基地」「FLY AWAY」「Tip Taps Tip」「Canvas」、そして挿入歌の「STORYWRITER」「虹」が、「CR交響詩篇エウレカセブン~真の約束の地~」の世界観を大いに盛り上げるはずだ。



2月からの稼働に先駆けて、プロモーション映像が早くも公開。1月11日(土)、12日(日)にベルサール秋葉原で開催される「第5回アキバ大好き!祭り」では「CR交響詩篇エウレカセブン~真の約束の地~」ブースが出展され、実機展示や、グッズが当たる抽選会などが行われる。


(C)2005 BONES/Project EUREKA (C)2009 BONES/Project EUREKA MOVIE (C)NISHIJIN (C)Sophia
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月4日(日)

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

今日予約開始の商品