■ ノイタミナ枠4月クールのもう1作品は松本大洋の名作「ピンポン」

4月からフジテレビの深夜TVアニメ枠「ノイタミナ」で放送されるもう1つの作品が、松本大洋さんの名作漫画を原作にした「ピンポン」に決定した。

「ピンポン」は、卓球で「この星の一番」になりたい星野裕(通称ペコ)と、卓球は「死ぬまでの暇つぶし」の月本誠(通称スマイル)、さらには留学生の孔文革(チャイナ)、卓球強豪校の海王学園球部主将の風間竜一(ドラゴン)、ペコとスマイルの幼なじみの佐久間学(アクマ)の5人が卓球に青春を捧げるネオスポ根物語。2002年に実写映画化されて話題を呼んだ。

TVアニメ版の監督は、「四畳半神話大系」「マインド・ゲーム」の湯浅政明さんが手掛ける。

なお、ノイタミナ4月クールのもう1作品はすでに発表されており、鳳乃一真さんのライトノベルが原作の「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月6日(火)

2016年12月5日(月)

2016年12月4日(日)