■ 逢坂良太、佐藤聡美、白石涼子が登壇した舞台挨拶を映像で

本日開催されたディズニー映画「エンダーのゲーム」の初日舞台挨拶の模様をムービーで見ることができる。初日舞台挨拶には、日本語吹き替え版でエンダー役を演じている逢坂良太さん、ヴァレンタイン・ウィッギン役の白石涼子さん、ペトラ・アーカニアン役の佐藤聡美さんが登壇した。

「エンダーのゲーム」は、オースン・スコット・カードが1977年に発表し、アメリカSF界の権威であるヒューゴー賞とネビュラ賞をダブル受賞した小説「エンダーのゲーム」を映画化。宇宙戦争を終わらせる使命を背負って生まれた少年・エンダーの挫折と成長が描かれている。

日本語吹き替え版では3人のほかにも、ビーン役を沢城みゆきさん、アーライ役を桑島法子さん、指導官グラッフ大佐役を磯部勉さん、メイザー役を麦人さんが演じている。


このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)