■ キャスト5人が登場した「弱虫ペダル」ウェブラジオ公開収録レポート

1月12日に科学技術館サイエンスホールで開催された、ウェブラジオ「弱虫ペダル クライマーズレディオっショ!」初の公開録音のオフィシャルレポートが到着した。

「弱虫ペダル クライマーズレディオっショ!」には、パーソナリティを務める小野田坂道役の山下大輝さんと巻島裕介役の森久保祥太郎さんに加え、福富寿一役の前野智昭さん、真波山岳役の代永翼さん、東堂尽八役の柿原徹也さんがゲストとして登場。チケットは即ソールドアウトとなり、急きょニコニコ生放送での配信も行われた。


イベントはアニメのオープニング映像からスタートし、続いて番組パーソナリティの2人が登場。オープニング映像の箱根学園(ハコガク)のキャラクターに歓声が上がるのに対し、巻島の登場には「クスッ(微笑)」となったことに触れて会場を笑わせた森久保祥太郎さんは「総北もよろしくお願いします」とPR。公開録音がスタートし、さっそくゲストが呼び込まれると会場は再び大きな歓声に包まれた。

最初のコーナーは「箱根学園独占インタビュー」と題し、本編第13話で箱根学園がインタビューされていたことにちなみ、山下さんがインタビューアー、森久保さんがカメラマンとなり、ゲストにインタビューをしていくことに。それぞれどのようなキャラクターかを聞かれ、前野さんは「問題児ばかりの箱根学園のメンバーをまとめるキャプテンです」と紹介。そして代永さんは「不思議ちゃんで考えていることが読めないです。ただ坂道と同じように坂を見るとワクワクドキドキが止まらないキャラクターです」、続いて柿原さんは「自分のライディングセンスが美しいと分かっているセンスの持ち主。彼は自分のことが大好きなナルシストですが、『山神』という異名を持ち、エースが集まるハコガクの中でも実力を持っています」と自らが演じるキャラクターを紹介していった。

インタビュー中、カメラマンの森久保さんが山下さんの後頭部を撮影したり、自分で自分を撮りはじめたり、カメラを代永さんに任せ、柿原さんと記念撮影をしたりと、自由奔放なカメラマン姿に会場は大爆笑だった。


続いてはウェブラジオの一コーナー「チャリネット マキシマ」。本来は山下さんにオススメするロードバイクを紹介していくコーナーだが、今回は山下さんに加え、ゲストにもお勧めのバイクを紹介していった。世界的自転車メーカーGIANTの協力で、3台のロードバイクがステージに登場。実際にまがたることができるということで、山下さんは「恋のヒメヒメぺったんこ」を歌いながらペダルを漕ぎ会場を沸かせた。プレゼン後、それぞれ気になった自転車の前に立った山下さん、代永さん、柿原さん、前野さん。ここで値段が開示され、順に19万円、44万円、そして120万円と、その値段に出演者からも会場からも驚愕の声が上がった。44万円のバイクを選んでいた3人、そして120万円のバイクを選んでいた前野さん、残念ながら今回は誰も購入には至らなかった。


続いてのコーナーは「総北vsハコガク クライマーズバトルQ&C」。出された問題にエアロバイクを漕ぎ、一定のケイデンスを超えると回答権が得られるというハードなクイズ対決。前野さんが出題者となり、まずは森久保さんvs柿原さんが対決することに。「ロードバイクのフレーム。もし同じ大きさ重量だった場合、アルミ・クロモリ・カーボンの中で一般的に最も軽い素材と言われているのは?」の質問には森久保さんが「カーボンっショ!」と答え見事正解した。

2回戦は山下さんvs代永さん。「ロードレース、ツール・ド・フランスにおいてポイント賞を獲得すると贈呈されるシャツの色は?」の回答権を得るも一生懸命漕ぎすぎて問題の内容を忘れる山下さんの姿に会場は大爆笑。回答権が代永さんに移るも不正解。結果どちらも不正解ということで0ポイント。ちなみに正解は緑色だった。3回戦は2ポイントを賭け山下さん・代永さんが漕ぎ、森久保さん・前野さんが答えることに。「馬の鞍という意味のある自転車のパーツはどこ?」の質問に、一斉に漕ぎ出すもペダルが思いの外軽すぎて踏み外す前野さん。そのため回答権を得た森久保さんが「サドル」と回答して見事正解。3対0で総北高校が勝利となり、ツール・ド・フランスで山岳賞の選手に与えられる赤い水玉ジャージが贈呈された。

ラジオ初心者の山下さんにやって欲しいことをリスナーから募集する「ラジオ高回転<ハイケイデンス>」のコーナーでは、「よくイベントなどでスポットライトを浴びて観客を前に告白台詞を言うコーナーがありますが、今回はそれに挑戦してほしいと思います」とのリクエストが。しかも今回は単純なアドリブ告白ではなく、ボックスの中から引いた自転車に関するワードを含めてセリフを考えなくてはいけないというハードルの高さ。山下さんが引いたのは「パンク」。「君のことを考えすぎて、僕の心はパンクしちゃったよ。毎朝僕のためにメンテナスをしてくれ」と、ステージ中央でピンク色のスポットライトを浴びながら山下さんがアドリブの告白セリフを披露すると、会場は大きな悲鳴に包まれ、先輩たちも「うますぎる」と山下さんをベタ褒めしていた。

続いての柿原さんは「サドル」で告白。自転車でデートに来た柿原さんは、盗まれないようにサドルを手に彼女の元へ。その設定に会場は大爆笑だった。前野さんは「ブレーキ」で告白。「僕と一緒に筑波山で走ってくれませんか? 危ないからやめろって? じゃああなたが僕のブレーキになってください」とうまくまとめたが、実体験として筑波山で車を脱輪させてしまった経験があるらしい。

続いての森久保さんは「ギア」。ほかの出演者に「心のギアチェンジとかいっぱいやってきましたからね」と先手を打たれ森久保さんは苦笑い。そしてセリフの「一段目のギアが入ったのは君と入った喫茶店……」という出だしに「時代を感じる」「懐かしい感じが」という後輩からのツッコミが入るなど大盛り上がりとなった。最後に代永さんは阿部敦さん演じる泉田の口癖「アブ(腹筋)」で告白。アブを聞きたがる彼女に向けて精いっぱいの「大好きアブ!」が届けられた。


いったん出演者が降壇してニコ生の配信が終了すると、再びキャスト陣がステージに登場。会場だけのトークコーナーでは、自分のキャラクターを演じる際に難しいところとして、森久保さんは「っショ!の後のクハって笑うところをいまいろいろ試しています」と紹介。「このアニメはエンディングショートアニメに力を入れていて、本編を無視して自由にやってくださいって言われるんですが、第13話、尽八の『何ぃー!?』ってやつに(スタッフの)こだわりがあって10回くらい録り直しました」(柿原さん)、「あまり声が低くなりすぎると1年生に聞こえなくなるのでもう少し幼くてよいですとディレククションされました。ドリンクを渡すシーンも爽やかすぎると主人公みたくなるから止めてって言われました(笑)」(代永さん)、「安元さんがパワーのある声の方なので、それに負けないように演じなければというところと、台本に『!』が多いのですが、福富の場合は張るほうでお芝居をしてしまうと逆に弱く見えてしまう可能性があるので、押し殺して声をだすことを意識しています」(前野さん)とそれぞれ紹介していた。

最後に、1月15日に誕生日を迎える代永さんのバースデーケーキが登場。出演者と観客からハッピーバースデーの歌のプレゼントが贈られ、温かい雰囲気でイベントは終演となった。


(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)