■ 豪華声優陣による「ノブナガ・ザ・フール」第2回公演の撮影風景

4月6日(日)にTOKYO DOME CITY HALLに開催される舞台「ノブナガ・ザ・フール 第2回公演 act.2-乱の恋人-」のビジュアル撮影オフィシャルレポートが到着した。

現在TVアニメが放送中の「ノブナガ・ザ・フール」は、河森正治総監督による多次元プロジェクト“The Fool”作品。舞台版「ノブナガ・ザ・フール」は、象徴的なシーンやメインキャラクターの表情などのイラストや映像をスクリーンに投影しながら声優陣がセリフを読み、それに合わせてライブアクターが演技をするという新感覚ライブエンターテイメントショーとなる。

第2回公演には、前回も出演したオダ・ノブナガ役の宮野真守さん、アケチ・ミツヒデ役の櫻井孝宏さん、トヨトミ・ヒデヨシ役の梶裕貴さん、イチヒメ役の茅原実里さんに加え、ジャンヌ役の日笠陽子さん、ダ・ヴィンチ役の杉田智和さん、カエサル役の中村悠一さん、ヒミコ役の東山奈央さんが出演する。

当日会場で販売される公式ビジュアルブック(パンフレット)の撮影は、都内の撮影スタジオで数日間にわたって行われた。

ヒデヨシ役の梶裕貴さんが「目線は? 身体の振り方はこれでいいですか?」とアートディレクター、カメラマンと随時ディスカッションしながらさまざまな表情を見せ、その表現力に周りは圧倒されたとのこと。カエサル役の中村悠一さんは冷静かつ大人な雰囲気で撮影に挑み、イチヒメ役の茅原実里さんは「難しいですね、こっちかな?」と手に持った扇の位置を変えながら、凛としたイチヒメにぴったりの表情をつむぎ出していた。


杉田智和さん演じるダ・ヴィンチの撮影では雰囲気が一変。飛び跳ねたり、変顔や難解なポーズを決めたりと、スタジオ中が楽しい雰囲気に包まれる。「ダメですか? やりすぎですか?(笑)」と言いながらもしっかりとダ・ヴィンチの表情も見せていた。

一方、主役のノブナガ役を演じる宮野真守さんが登場するとスタジオは一気に華やかな雰囲気に。宮野真守さんのポートレイト風のソロカットでは、「いろいろやってみます」と、はかなさややんちゃさも加わった表情も見せ、ノブナガのさまざまな側面を想起させる写真がたくさん撮影されていく。瞬時に表情が変わっていく表現力にスタジオは圧倒されっぱなしだったそうだ。

ジャンヌ役の日笠陽子さんのソロカットでは、優しくクールなイメージで撮影が進む。「こんな感じですか?」と、アートディレクターやカメラマンに聞きながら、どんどん表情が深くなり、何度も「いいすね!」の声がかかる。続くミツヒデ役の櫻井孝宏さんの撮影は、ときおりコミカルなポーズをとって楽しい雰囲気を作り出しながらも、ミツヒデの持つ冷静さや“影”をしっかりと表現していた。


そして最後に登場したヒミコ役の東山奈央さんは、これまでの撮影サンプルの中から宮野真守さんの写真を見つけ、「ワラワの婿殿じゃ~!」とヒミコ声で大興奮。その勢いのまま、キュートなヒミコを喚起させる写真で「かわいい!」とスタッフが大絶賛の中、華やかかつ楽しい雰囲気ですべての撮影が終了した。

「ノブナガ・ザ・フール 第2回公演 act.2-乱の恋人-」のチケットは、いよいよ3月9日(日)朝10時から一般発売される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月8日(木)

2016年12月7日(水)

2016年12月6日(火)

今日予約開始の商品