■ オタクグッズ専用フリマアプリ「オタマート」が本日サービスを開始

●オークションより気軽に“おたく”グッズを個人売買できるフリマアプリが登場
スマホを片手にオークションより気軽に全国どこでも好きなグッズを個人売買できる“オタク”グッズ専用のフリマアプフリ「otamart(オタマート)」が本日からサービスを開始した。iOS版、Android版のどちらも無料でダウンロードできる。

「オタマート」の最大の特徴は、スマートフォンのカメラで撮影した写真に、商品の説明、価格などを入力するだけで簡単に出品することができること。収納スペースがいっぱいで手放すことにしたグッズや書籍、カプセル入り玩具で重複したアイテムなどを気軽に出品できる。


買う側にとっても、使い勝手のよいユーザーインタフェースが提供されている。好きな作品のアイテムや欲しかった商品が「オタマート」に出品されているかをキーワード検索やタグ検索、複数条件を指定しての詳細検索などの機能を使って簡単に探すことが可能。カテゴリ別に商品を閲覧できるタイムライン画面も用意されており、興味のあるカテゴリの最新出品アイテムを気軽にチェックできる。


●商品を受取るまでは代金が出品者に渡らない安心取引を実現
とはいえ、不安なのがSNSやネットオークションでの知らない人とのお金のやり取り。「オタマート」では、商品代金を運営事務局がいったん預かることで、購入者が商品を受け取って取引が完了するまでは出品者に渡らない仕組みとなっている。出品者側にとっても、購入希望者の評価を確認し、取引するかどうかを選ぶことができるなど、安心・安全のための機能が用意されている。代金の支払い方法はクレジットカード支払いに加え、3月末にはコンビニ支払いにも対応する予定だ。


●リリースを記念して4大キャンペーンを実施
サービス開始を記念して、4月末までの予定で4大キャンペーンを実施中。キャンペーン期間中、出品物が売れた際の手数料が無料となるほか、5品出品するごとに50ポイント(1ポイント=1円相当)を獲得でき、最大1000ポイントまで受け取れることができる。さらに、招待コードを使って友だちに「オタマート」を紹介し、紹介された友だちがユーザー登録を完了すると、紹介者と友だちのそれぞれに100ポイントがプレゼントされる。


ところで、「オタマート」には小田まこ(おだまこ)というオリジナルキャラクターがいる。「オタマート」内で働くアルバイト店員で、アニメとゲームが大好きな17歳の女子高校生。「レンタルマギカ」や「UN-GO」などでおなじみの人気イラストレーターのpakoさんが手掛けたキャラクターで、「オタマート」でユーザー登録すると、小田まこの特製待受け画像をゲットできる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月7日(水)

2016年12月6日(火)

2016年12月5日(月)

今日予約開始の商品