■ JOYSOUNDの乙女ゲーム第1弾に宮野真守、平川大輔らが出演

カラオケのJOYSOUNDによる女性向け恋愛ゲームプロジェクトが始動。その第1弾として、JOYSOUNDとコンテンツ制作集団オペラハウスがタッグを組んだ「妖かし恋戯曲」が5月からスマートフォン&タブレット向けに配信される。

「妖かし恋戯曲」では、メンバー全員が狐の耳をつけた異色の5人組ビジュアル系バンド“フォックス・イヤー”のメンバーと、ライブハウスを訪れた主人公の恋の物語が描かれる。

恋のお相手となるフォックス・イヤーのメンバーのキャストも発表され、バンド内のムードメーカーで不器用なリードギターの暁仁役を宮野真守さん、暁仁の双子の弟で穏やかなセカンドギターの霞美役を木村良平さん、フォックス・イヤーのリーダーで冷静沈着なベーシストの晃征役を立花慎之介さん、幼い容姿と豊かな表情が魅力の天才ドラマーの結生役を花江夏樹さん、飄々としていて意味深なことばかりを口にするミステリアスなキーボードの螢丞役を平川大輔さんが演じる。


「妖かし恋戯曲」ストーリー
星と月がきらめく夜のこと――。
主人公は、低音の振動がリズミカルに響くライブハウスを訪れる。今宵、音楽を奏でるのはメンバー全員が狐の耳をつけた異色の5人組ビジュアル系バンド“フォックス・イヤー”。彼らの歌声を聴いたとき、主人公が首から下げていた勾玉が光を放つ。まばゆい光で気を失ってしまった主人公は“フォックス・イヤー”の楽屋へ運ばれた。彼らは主人公に勾玉を渡すように迫るも、勾玉は彼女を守るように再び光を放ち……。奪うことは無理だと悟った5人は彼女を陥落して勾玉を手に入れようとして――。

なお、主題歌「覚醒エタニティ」は宮野真守さんが担当。2月19日にリリースされた宮野真守さんの10thシングル「NEW ORDER」に収録されている。

また、JOYSOUNDの月額有料会員を対象に、5月11日(日)の横浜アリーナ公演を皮切りに、全国6都市で開催される宮野真守さんのライブツアー「MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2014 ~WAKENING!~」のチケット先行抽選販売が3月21日正午より実施される。

(C)XING INC./Opera House Corporation
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)