■ アニメ「一週間フレンズ。」先行上映会に山谷祥生と雨宮天が登壇

3月29日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された「TVアニメ『一週間フレンズ。』完成披露先行上映会」のオフィシャルイベント速報レポートが到着した。

完成披露先行上映会では、TVアニメ「一週間フレンズ。」が4月からスタートするのに先駆けて、第1話の上映と、長谷祐樹役の山谷祥生さんと藤宮香織役の雨宮天さんによるトークショー実施。作品の印象や演じるキャラクターの紹介、そのキャラクターと自身との共通点などのトークを繰り広げた。「一週間フレンズ。」がそれぞれ初主役、初ヒロインという2人。こういったイベントのステージに主演という立場で上がるのは初めてで、緊張しながらも一生懸命に秘話を披露していた。

山谷祥生さんは、オーディションに合格したという連絡をほかの現場で聞いたものの信じられず、自宅に帰ってから頭を何度か壁にぶつけてみて、その痛みで夢じゃないと合格を実感したというエピソードを披露し、会場を笑わせた。一方、雨宮天さんもオーディションの際に、香織の微笑えんでいながらもその内面に持つ切なさを表現する演技が難しかったことを振り返っていた。

また当日は、桐生将吾役の細谷佳正さんからもメッセージが届けられ、そのコメントに会場は笑いに包まれていた。終盤はフォトセッションののち、ファンへ向けてメッセージが送られ、和やかな雰囲気の中行われたイベントを締めくくった。


「一週間フレンズ。」は、葉月抹茶さんが「月刊ガンガンJOKER」で連載中の漫画が原作。一週間で友だちとの記憶がなくなってしまう少女・藤宮香織と、それでも彼女と友だちになろうとするひたむきな少年・長谷祐樹の2人の間で繰り返される“一週間”が描かれる。

長谷祐樹役を山谷祥生さん、藤宮香織役を雨宮天さん、基本省エネモードにもかかわらず頼れる長谷の友人の桐生将吾役を細谷佳正さん、おっとりした雰囲気のクラスメイトの山岸沙希役を大久保瑠美さん、香織の母・志穂役を中原麻衣さん、祐樹たちのクラスの担任である井上先生役を間島淳司さんが演じる。

「一週間フレンズ。」ストーリー
「私…トモダチの記憶、一週間で消えちゃうの──。」
高校2年生の長谷祐樹は、人と一切かかわろうとせずにいつも一人ぼっちでいたクラスメイトの藤宮香織の存在が気になり、彼女と友だちになりたいと願う。しかし彼女の口から告げられたのは、大事な友だちとの記憶のみが一週間で消えてしまい、月曜日にすべてがリセットされてしまうという衝撃的な事実だった。しかし、それでも祐樹は香織と友だちになりたいと願う。一週間の記憶を綴って、巡って、2人は友だちになっていく。何度も、何度でも──。


(C)MATCHA HAZUKI/SQUARE ENIX
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月8日(木)

2016年12月7日(水)

2016年12月6日(火)

今日予約開始の商品