■ 「弱虫ペダル」第26話EDショートアニメ登場の新キャラ役に梶裕貴

4月7日(月)に放送されるTVアニメ「弱虫ペダル」の第26話「空が見える」では、序盤のスプリント勝負を終え、いよいよインターハイの山岳区間へと突入。総北高校の巻島(CV.森久保祥太郎)と箱根学園の東堂(CV.柿原徹也)が山岳リザルトを賭けて準備を開始し、新展開がスタートする。

そんな第26話のエンディングショートアニメでは、劇中アニメ「ラブ★ヒメ」が登場。姫野湖鳥(CV.田村ゆかり)の前に現れる新キャラクターの有丸シュンヤ役を梶裕貴さんが熱演する。さらに、ひつじの姿をした執事の封印が解かれ、真の姿をみせるメージュ(CV.諏訪部順一)も登場し、本編同様に迫力ある物語が楽しめる。

「弱虫ペダル」は、渡辺航さんが「週刊少年チャンピオン」に連載中の累計発行部数が850万部を突破したサイクルロードレース漫画が原作。アニメやゲームを愛する主人公のオタク少年・小野田坂道が仲間との出会いをきっかけに自転車競技の世界に足を踏み入れ、インターハイを目指していく物語が描かれている。

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月8日(木)

2016年12月7日(水)

2016年12月6日(火)

今日予約開始の商品