■ 女性向け新ブランド「オトメ座」第1弾作品に斉藤壮馬、寺島拓篤

ホビージャパンによる女性向けキャラクターコンテンツブランド「オトメ座」の第1弾として、「劇団」×「青春」×「リアル」をキーワードとしたキャラクターコンテンツ「アクターズハイ」が始動した。

「アクターズハイ」は、伝説の演劇大会「アクターズハイ」の優勝を目指す劇団員たちの姿を描いた劇団青春グラフィティ。ドラマCDのリリースを中心に、イベント開催やキャラクターグッズの販売など、さまざまな展開が予定されている。まずは5月3日(土)、4日(日)に東京ビッグサイトで開催される「SUPER COMIC CITY 23」に参戦決定。「アクターズハイ」のキャラクター等身大バナーが展示され、劇団員たちが「オトメ座」ブースでお出迎えしてくれるほか、旗揚げ記念☆大入袋の無料配布、新作グッズの先行販売が行われる。

気になるキャストも発表され、秋好若葉役を斉藤壮馬さん、次郎丸楓役を寺島拓篤さんが担当。2014年にドラマCD「アクターズハイ」が発売される予定だ。

秋好若葉(あきよし わかば)
CV:斉藤壮馬
伝説の演劇大会「アクターズハイ」の優勝を目指し、念願の自分の劇団「劇団プラネットボックス」を立ち上げた若き座長(リーダー)。将来の夢はプロの役者になること。

次郎丸楓(じろうまる かえで)
CV:寺島拓篤
若葉の幼なじみで、「劇団プラネットボックス」の旗揚げを手伝う。すぐに勘違いしてしまうお調子者だけど、困っている人は放っておけないイイヤツ。

「アクターズハイ」ストーリー
2014年春、東京・吉祥寺のとある一軒家。秋好若葉を座長とし、1つの新しい劇団が誕生する。その名も「劇団プラネットボックス」。彼らが目標とするのは、伝説の演劇大会「アクターズハイ」で優勝すること! 憧れの舞台を夢見て、時にケンカをしたり、時にいっしょに涙を流したり……。果たして夢の大舞台に立てるのはいつ? ハチャメチャ劇団青春グラフィティ、ここに開幕!

(C) OTOMEZA
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月8日(木)

2016年12月7日(水)

2016年12月6日(火)

今日予約開始の商品