■ 3rdライブBD&DVDをリリースする中村繪里子からコメントが到着

5月1日にライブBD&DVD「中村繪里子Anniversary Liveらららなかむランド~LoveLaughLive~」をリリースする中村繪里子さんからコメントが到着した。

ライブBlu-ray&DVD「中村繪里子Anniversary Liveらららなかむランド~LoveLaughLive~」は、2013年11月17日に品川ステラボールにて行われた中村繪里子さんの3rdライブの模様を映像化するもの。初回特典封入版には発売記念イベント参加券が封入され、5月17日(土)、18日(日)にサイエンスホールで行われる中村繪里子さんのトークイベント&アコースティックミニライブに参加できる。現在シーサイドSHOPにて予約受付を実施中だ。

「Anniversary Liveら ら☆ら♪なかむランド~Love Laugh☆Live・~」は集大成と位置づけられたライブですが、今から振り返っていかがですか?
中村繪里子さん:わずか1年あまりの出来事とは思えないほどの充実っぷりでした。なかむランドとしてみなさんの前にいたのはこの1年ですが、その前から積み重ねてきた想いを全て詰め込んだステージができたと思います。

ステージから見た光景と改めてBlu-ray&DVDという映像から見た光景と何か違いがありましたか?
中村繪里子さん:映像で見て初めて私はお客様の見たなかむランドの姿を感じることができました。不思議なのは、モニターに写る映像に重なるように、あの日見たステージからの景色が同時に見えるんです。今回、初めてコメンタリーを収録しましたが、あの日の気持ちが蘇ってきました。本当に楽しくて、気持ち良くて、幸せでした。

今回はリリースに合わせて「えりコン コンにちは2014~」というトーク&アコースティックライブイベントが行われますが、こちらの内容は?
中村繪里子さん:私にとって、えりコンはなかむランドよりもお客様との距離が近いモノという感覚があります。「みんなと楽しむ なかむランド」「あなたと向き合う えりコン」みたいな。うまく言えないんですけど、そういう気持ちがアコースティックコーナーをやりたい!とかに現れているのかなぁ、と。毎回、椅子席に拘るのもそういうことなのかも。ちゃんと向き合いたいのに、立ち話はしないでしょう? 心落ち着けて一生懸命楽しい空間を作りたい。 そんな想いで毎度のえりコンに臨んでいます。……というのが、長い前置き(笑)。今回もたくさん喋ります! えりコン2013ツアーのときと違うのは、もっともっとなかむランドを絡めてお話しすること。今回は、なかむランド3のディスクを購入してくださった方をご招待してのえりコンなので、やはり、ならではの観点で構成したいんです。またえりコンならではとして、4ステージとも内容を変えていきたいな、とも。作り込んだステージを楽しんでもらうなかむランドでは、回ごとに会場ごとに中身を変えるだなんて、大冒険すぎます。でもえりコンならそれができる。もちろん、4回とも来ないとダメ!なんて作りにはなっていませんよ~。ご安心ください(笑)伝えたいのは、来たらきっともっと楽しいよ!です。えりコンを通してなかむランドの楽しさをまだ見ぬ人へ伝えたい。 なかむランドがあるからえりコンで出会える人がいる。だから今回のえりコンテーマは『コンにちは』なんです。


「えりコン コンにちは2014~」では他にもいろいろ予定していることがあるそうですね。
中村繪里子さん:BD/DVDの購入特典がイベントだなんて、すごい太っ腹だとも思うんですけど、さらにもう一歩行きたくいきたくて…。ご来場のみなさんに、記念となるモノをお渡ししたいなって思ってるんです。向き合うえりコンだから、可能な限り直接感謝の気持ちを伝えたくもありますし…。この想いが、当日どんな風にみなさんに届けられるのか。楽しみです。

最後に応援してくれているファンの方々へメッセージをお願いします。
来てくださる方それぞれにムチャの線引きはあると思います。たった一度でも来てくれるコトがボーダーラインの方もいれば、頑張って4回という方も、はたまた今回を見送らねばならないという方も。それぞれに架せられたボーダーの位置を少しでも引き上げたい。私はそのためのムチャならいくらでもします。たくさんのムチャを詰め込んだステージを、どうぞ楽しみにしていてください!

関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)

2016年11月30日(水)

今日予約開始の商品