■ 「アカメが斬る!」は今夏放送開始、田村ゆかりら豪華追加キャストも

TVアニメ「アカメが斬る!」が7月からスタートすることが決定。放送スケジュールも発表された。

●TOKYO MX 7月6日より 毎週日曜日 24:00~
●MBS 7月7日より 毎週月曜日 27:05~
●BS11 7月13日より 毎週日曜日 24:30~

「アカメが斬る!」は、腐敗した帝都の悪を滅ぼすために立ち上がった殺し屋集団「ナイトレイド」のメンバーである主人公のタツミやヒロインのアカメたちが特殊兵器である「帝具」を使い、無情かつ容赦なき死闘を繰り広げるダークファンタジー作品。「つよきす」や「真剣で私に恋しなさい!」など数々の大ヒットゲームを生み出したタカヒロさんが原作を手掛けている。

ヒロイン・アカメ役の雨宮天さんに続くメインキャストもされ、帝国の圧制に苦しむ村を救うため旅立つ少年剣士・タツミ役を斉藤壮馬さん、タツミが加わることになる殺し屋集団・ナイトレイドのメンバーで勝気な少女・マイン役を田村ゆかりさん、気さくで豪快な性格の美女のレオーネ役を浅川悠さん、おっとりした性格のシェーレ役を能登麻美子さん、お調子者の青年のラバック役を松岡禎丞さん、面倒見の良いタツミの兄貴分のブラート役を小西克幸さん、ナイトレイドのリーダーとして仲間を束ねる女性のナジェンダ役を水野理紗さん、帝国最強の女将軍・エスデス役を明坂聡美さんが演じる。

メインスタッフも発表され、監督を「うたわれるもの」「アマガミSS+ plus」の小林智樹さん、シリーズ構成を「刀語」「人類は衰退しました」の上江洲誠さん、アニメーション制作を「シュタインズ・ゲート」「ヨルムンガンド」「はたらく魔王さま!」のWHITE FOXが手掛ける。

さらに主題歌情報も公開となり、オープニングテーマをアカメ役の雨宮天さんが担当。藤宮香織としてTVアニメ「一週間フレンズ。」のエンディングテーマ「奏(かなで)」を歌っている雨宮天さんがついにアーティストデビューを飾る。一方のエンディングテーマは、TVアニメ「君と僕。」や「キルラキル」の主題歌を歌った沢井美空さんが担当する。

メインキャスト陣からのオフィシャルコメントも到着したので、初公開となったキャラクターイラストとともに紹介しよう。

斉藤壮馬(タツミ役)
タツミくんはとてもまっすぐで、かつ表情豊かなキャラクターなので、そんな彼の魅力をしっかりと表現できるよう、全力で演じさせていただきます! 常に死と隣り合わせの殺し屋稼業、物語も当然一筋縄ではいきません。「アカメが斬る!」ぜひご期待ください。よろしくお願いします!

田村ゆかり(マイン役)
マイン役の田村ゆかりです。「アカメが斬る!」は原作がとても面白くて、オーディションで少し触れたときから、凄く気になる作品でした。今回、マインちゃんを演じさせて頂くことができて、とても嬉しいです。収録の時は次のお話が気になって仕方ないので、台本を頂くのを楽しみにしています。みなさんも、楽しみにしていただけると嬉しいです!よろしくお願いします!

浅川悠(レオーネ役)
作品のことは前から知っていたので、コミックで読んでいたキャラクターが自分の声で喋るということが、1ファンとしても声優としてもとても嬉しいです。大らかさと強さを持つ生き生きとしたレオーネを演じるととても気持ちがよくて楽しくなります。素敵な原作を更に素敵にできるように頑張ります。

能登麻美子(シェーレ役)
原作を拝見して、映像化がとても楽しみだとキャストの1人ながら思いました。原作の持つエネルギー、勢い、骨太な物語、世界観をぜひアニメーションという形でも皆さんに楽しんで頂けると幸いです!!

松岡禎丞(ラバック役)
今回「アカメが斬る!」でラバックを演じさせて頂きます松岡禎丞です。ラバック君は僕的には凄く演じやすく共感できる人物なので、今からお風呂シーンや戦闘シーンが楽しみです、殺しのシーン等はけっこうシリアスであったり凄惨なシーンがあったりしますが。「悪は切る、慈悲は無い」の精神でガンバルンバ! よろしくお願い致します。

小西克幸(ブラート役)
連載1回目からワクワクしながら読んでました! この世界をどこまでアニメで表現できるのか楽しみです! 必殺シリーズが大好きなのでたまらんです。ブラートはまさに漢! アニキ! 男が惚れる漢です! そのうえ変身ヒーロー!! 力いっぱい叫びます! インクルシオォォォォォッ!!!!

水野理紗(ナジェンダ役)
「アカメが斬る!」を読んでいると動悸がします。鮮烈なバトル、大切な仲間たちとの出逢いと別れ、先を知るのが怖いです。衝撃的な展開に胸がいっぱいになる……のに、散りばめられたギャグが面白い! そんな夢中になれる作品で、ナジェンダ役をやらせていただくことになり、さらに動悸が激しくなった私です。動くアカメたちの活躍をお楽しみに!

明坂聡美(エスデス役)
誰にでも救いのある世界だったり、悪は悪として描かれる少年漫画が多い中、人が死ぬことや悪にも背景があるこの作品がとても好きです。演じさせて頂くエスデスもただ冷たい訳ではなく、価値観や信念に基づいて冷酷であったり、仲間を思いやる優しい部分など、根っこの感情を丁寧に表現できたらと思います。

(C)タカヒロ・田代哲也/スクウェアエニックス・「アカメが斬る!」製作委員会


このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月11日(日)

2016年12月10日(土)

2016年12月9日(金)