■ 「史上最強の弟子ケンイチ」の第8話あらすじ&場面カットが到着

本日深夜にTOKYO MXとBS11で放送されるTVアニメ「史上最強の弟子ケンイチ~闇の襲撃~」の第8話のあらすじ&場面写真が到着した。「史上最強の弟子ケンイチ~闇の襲撃~」は、松江名俊さんが「週刊少年サンデー」で連載中の漫画が原作。OVAシリーズをテレビの放映時間に合わせ再編集し、4月からTVアニメとしてオンエアされている。

「史上最強の弟子ケンイチ」は、いじめられっ子の主人公白浜兼一が女性武術家の風林寺美羽と出会い、信念を貫くための強さを手に入れるために、さまざまな武術を極めた達人が共同生活をしている道場・梁山泊に入門し、数々の敵味方との出会いと梁山泊での修練によって肉体的、精神的成長を遂げてゆく物語が描かれている。





第8話「ガード下の破壊神」あらすじ
元ラグナレクの武田一基は、YOMIと戦う兼一の噂を知り、自分とは違う世界にどんどん行ってしまうことに焦りを感じていた。そこで武田は梁山泊に入門したいと申し出るが、兼一や美羽から止められてしまう。自分の力で師匠を探すことした武田は、街で志場という大柄な眼帯の男と出会う。4人のヤクザに絡まれていても激烈な拳を繰り出し瞬時に倒す志場。すっかり心を奪われた武田は志場に弟子入りを申し出るが……。

(c)2012 kenichi anime All Rights Reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月10日(土)

2016年12月9日(金)

2016年12月8日(木)

今日予約開始の商品