■ 「ハイキュー!!」烏野高校排球部体験入部会の公式レポートが到着

「ハイキュー!!」のアニメの放映を記念して、JUMP SHOP主催のイベント「烏野高校排球部体験入部会」が5月2日~4日にアーツ千代田3331の体育館で開催された。

体育館の入り口では烏野高校排球の部員のパネルがお出迎えしてくれ、体験入部会では烏野高校排球部の部員紹介パネルの展示のほか、「ハイキュー!!」のカードゲーム「バボカ!!」を体験できるティーチインや、ヒナガラスを巣に戻すゲーム、たくさんの洗濯物の中から排球部員の片方の靴下を探すゲーム、相手コートにいる先輩のボードにボールを当てるゲームといった体験型ゲームで大盛り上がり。そのほかにも、オーラ測定によるポジション診断やその場で顔写真を撮影し排球部員特別証明書を作成できるコーナー、「ハイキュー!!」グッズが取り揃えられた坂ノ下商店など、さまざまなコーナーで「ハイキュー!!」を満喫できるイベントとなった。


5月4日には「烏野高校排球部 新入部員歓迎会」と題し、日向翔陽役の村瀬歩さんと影山飛雄役の石川界人さんによるトークショーが開催された。オーディションを受けるにあたり原作を読み始めた村瀬さんは、その面白さにどっぷりとはまりオーディションに絶対に受かりたいと思い挑んだとか。石川さんは「ハイキュー!!」の現場へはそれなりの心構えで行かないと押しつぶされてしまうと話し、その様子を村瀬さんは「いつも朗らかなのに人が変わったように真剣な顔して役に入り込んでます(笑)」と現場での様子を語った。

イベント当時は第4話まで放送されており、その中からいくつかのシーンをピックアップして作品を紹介。石川さんが影山の声で「お前は3年間何をやっていたんだ」とセリフを披露すると、村瀬さんも日向の声で「俺が一番長くコートに立ってやる」とセリフを披露し、会場は大歓声に包まれた。さらにステージに用意されたキャラクターのボードを使い、それぞれのキャラクターを紹介したりと、これまでを振り返っていた。


アフレコ現場の話では、台本の香盤表(誰がどの役を演じるかが書かれたもの)を見て、孤爪研磨役を事務所の先輩である梶裕貴さんが演じることを知った村瀬さんはたいへん驚いたとか。アフレコで掛け合いをしてみて先輩はすごいと実感したそうだ。そして石川さんは黒尾鉄朗役の中村悠一さんを挙げ、「俺たちは血液だ」というセリフが本当にカッコいいと村瀬さんも同意し大絶賛だった。そしてこの日は朗読劇も用意され、新入部員たちは2人の演技に聞き入っていた。

新入部員からの質問コーナーでは、「村瀬さん・石川さんのお互いの印象が変わったところ、イメージ通りだったところは?」という質問に、村瀬さんについて「最初はつかみどころのない人だと思っていたのですが(笑)、2人で食事に行くようになっていざ話をしてみると本当にまじめな人」と話す石川さん。対して村瀬さんは「朗らかで真面目な方だなと思っていたのですが、一緒にごはんをしながら話していると熱いものを持っている人なんだなと印象が代わりました」とお互いの印象について語った。そのほかにも「自分の演じている役以外で似ているキャラクターは?」「ヒナガラスに声を当てるならどんな声?」「中華まんは何が好きですか?」という質問が寄せられた。

また、この日は澤村大地役の日野聡さんと菅原孝支役の入野自由さんからの激励メッセージも到着。メッセージを届けにきたヒナガラスには「かわいい!」と歓声が起こっていた。


続いてのゲームコーナーでは、2人の「コンビ相性診断占い」と題し出された問題に対して2人の解答がぴったり合うかを試すゲームを展開。Q1「山口は4話までに何回ツッキーと言っている?」、Q2「速攻の種類の中でアタッカーが助走の際に大きく左右に回りこんで敵のブロッカーをかわしながら打つのは何攻撃?」、Q3「1972年にミュンヘンオリンピックで金メダルに導いた松平康隆の名言『◯◯性のないチームは世界一になれない』」といった質問に挑戦。3問目は解答が一致し大喜びするも、答えが間違っており、残念ながら不正解となってしまった。ちなみに、それぞれの正解はA1「8回」、A2「ブロード」、A3「創造」。

プレゼント抽選会では、当選者へ2人から直接プレゼントが手渡しされるという普段のイベントではなかなかないサプライズも。最後に2人から「すごく多くの新入部員の方にお越し頂いて本当に嬉しいです。段々とチームが作られつつあって、これから他のチームと戦って一悶着あって、日向と影山の成長がどうなっていくのか? など楽しみにしていただけたらと思います。ありがとうございました」(村瀬さん)、「ゴールデンウィークの中こんなに沢山の方に足を運んで頂けて嬉しいです。新入部員歓迎会ということで皆さんも烏野高校の排球部の一員になったということでこれからはリアルタイムで全ての話数を見ていただけたら嬉しいです。今日はありがとうございました!」(石川さん)とメッセージが送られ、烏野式の掛け声である村瀬さん&石川さんの「烏野ーファイッ!」、そして新入部員からの「オー!」の掛け声でイベントが締めくくられた。


(C) 古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月7日(水)

2016年12月6日(火)

2016年12月5日(月)

今日予約開始の商品