■ 高垣彩陽が堤幸彦監督が演出を手掛ける舞台に再び出演決定

9月18日(木)~28日(日)に赤坂レッドシアターで上演される舞台「青山メインランドpresentsキバコの会『KAKOCHI-YA』」に、高垣彩陽さんが出演する。

キバコの会は、「ケイゾク」「トリック」「20世紀少年」などの作品で知られる堤幸彦監督と、俳優の半海一晃さん、野添義弘さん、多田木亮佑さんによる演劇ユニット。ゲスト出演者と脚本家を迎え、書き下ろし作品を上演するために結成され、第2回公演から元チェッカーズの武内享さんが音楽担当としてキバコの会のメンバーに加わっている。

高垣彩陽さんは、真野恵里菜さん、矢吹春奈さん、三浦理恵子さんらとともにゲスト出演者として、井上テテさん脚本の舞台でキャストを演じる。

ちなみに高垣彩陽さんは、昨年10月に俳優座劇場で上演された舞台「『2LDK』-2013-」にも出演。この演出も堤幸彦監督が手掛けていた。

関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)