■ 金曜ロードSHOW!で3週連続ジブリ作品、第1弾は「もののけ姫」

7月19日からスタジオジブリ最新作「思い出のマーニー」が公開されるのを記念して、日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」では「2014 夏はジブリ!」と題し、今年もまた3週連続でスタジオジブリ作品を放送する。

第1弾として、7月4日(金)に「もののけ姫」をオンエア。「もののけ姫」は宮崎駿監督作品として1997年に公開。室町期の日本を舞台に、狼に育てられたもののけ姫と呼ばれる少女サンとエミシの末裔のアシタカとの出会いが描かれている。

7月11日(金)には「となりのトトロ」を放送。昭和30年代の田舎を舞台に、仲良し姉妹のさつきとめい、そして不思議でチャーミングな生き物トトロとの心温まるふれあいを描いたファンタジー作品となっている。

そして7月18日(金)には、2010年7月17日に公開され、92.5億円の興行収入を記録した「借りぐらしのアリエッティ」を放送。古い家の床下でひっそりと暮らす小人の一家の1人娘・アリエッティの冒険と小さな恋が描かれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)