■ これは必見!! 「一週間フレンズ。」キャスト5人によるトークムービー

物語が急展開を迎えるTVアニメ「一週間フレンズ。」の第10話が6月8日より順次放送されるのに向けて、主人公・長谷祐樹役の山谷祥生さん、ヒロイン・藤宮香織役の雨宮天さんをはじめ、桐生将吾役の細谷佳正さん、山岸沙希役の大久保瑠美さん、そして物語のキーとなるキャラクターとして登場した九条一役の浅沼晋太郎さんのメインキャスト5名によるスペシャルトークムービーが前編・後編に分けてたっぷりと公開中だ。


最終回となる第12話のアフレコ直前に収録されたこのスペシャルトークムービーでは、キャストそれぞれが、TVアニメ「一週間フレンズ。」の印象に残ったシーンや、アフレコ現場でのエピソードなどを、「一週間フレンズ。」の温かい雰囲気がそのまま表れたかのように、楽しく披露している。

そして、物語が急展開を迎える第10話以降の見どころについて、山谷祥生さんは「今まではいろいろな問題が起こってもそれぞれの優しさで解決していったのですが、九条君が登場したことによって、物語がどう進んでいくのか、楽しみにしてほしいです」とコメント。一方の雨宮天さんは「長谷君と九条君の関係、長谷君と香織ちゃんの関係がどうなっていくのか、さらに沙希ちゃんと桐生君の関係もどうなっていくのか楽しみです。香織の過去も明かされていくので楽しみにしていてください」と語っている。


「一週間フレンズ。」は、葉月抹茶さんが「月刊ガンガンJOKER」で連載中の漫画が原作。一週間で友だちとの記憶がなくなってしまう少女・藤宮香織と、それでも彼女と友だちになろうとするひたむきな少年・長谷祐樹の2人の間で繰り返される“一週間”が描かれている。

「一週間フレンズ。」ストーリー
「私…トモダチの記憶、一週間で消えちゃうの──。」
高校2年生の長谷祐樹は、人と一切かかわろうとせずにいつも一人ぼっちでいたクラスメイトの藤宮香織の存在が気になり、彼女と友だちになりたいと願う。しかし彼女の口から告げられたのは、大事な友だちとの記憶のみが一週間で消えてしまい、月曜日にすべてがリセットされてしまうという衝撃的な事実だった。しかし、それでも祐樹は香織と友だちになりたいと願う。一週間の記憶を綴って、巡って、2人は友だちになっていく。何度も、何度でも──。

(C)葉月抹茶/スクウェアエニックス・「一週間フレンズ。」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月8日(木)

2016年12月7日(水)

2016年12月6日(火)

今日予約開始の商品