■ 内田真礼、梶裕貴ら「アオハライド」キャスト陣からコメントが到着

7月からスタートするTVアニメ「アオハライド」より、メインキャストの内田真礼さん、梶裕貴さん、茅野愛衣さん、小松未可子さん、KENNさん、平川大輔さんがキャラクターの印象や作品の見どころなどについて語ったアフレコオフィシャルコメントが到着した。

「アオハライド」は、咲坂伊緒さんが「別冊マーガレット」に連載中の累計600万部を超える漫画が原作。中学時代からの初恋の人・洸と運命の再会を果たした主人公の吉岡双葉だったが、空白の3年間を経て苗字も性格も変わってしまった洸──双葉と洸の想いを中心に、恋、友情、仲間、家族……青春のすべてが詰まった忘れられない大切な時間が繊細に描かれる。

内田真礼さんは主人公の吉岡双葉、梶裕貴さんは馬渕洸、茅野愛衣さんは吉岡双葉の親友で馬渕洸を好きになってしまう槙田悠里、小松未可子さんはクールな印象のクラスメイトの村尾修子、KENNさんはその修子に思いを寄せる小湊亜耶、平川大輔さんは双葉たちの学校の先生で洸の兄・田中陽一を演じる。


実際にキャラクターを演じられての感想は?
内田真礼さん:双葉はいつも、明るくて! あとギャグ顔が多い!!笑 ころころ変わる表情に、私も元気をもらっております。双葉視点で話が進むので、心情が全部見えることで、より双葉を近く感じています!

梶裕貴さん:緊張しました。複雑で、でも本当はシンプルな洸の心情を、繊細な気持ちで丁寧に演じさせていただきました。第1話から賑やかでまとまりのある、とてもいい雰囲気の現場でした。

茅野愛衣さん:現場の雰囲気もよく、すぐに作品やキャラクターに入り込むことができました! これからみんなで作品を作っていくんだ! 青春するんだ! と改めて感じました。

小松未可子さん:人と距離感を持ちつつも、挨拶はちゃんとするし、実はよく人のことを見ていたりする…、なかなか感情を表に出さないところもありますが、これからどんなふうに修子がいろんな人たちにかかわっていって成長していくのか、演じるのがとても楽しみです。

KENNさん:先にドラマCDで演じさせていただいていたのもあり、アフレコはスムーズでした。とにかく明るく素直でめげないキャラクターなので、楽しく元気に演じられたらいいなと思います。

平川大輔さん:バランスを取るのがなかなか難しいですね。彼を演じさせていただくにあたり、教師として、兄として、男としてなど、「より深く彼の内面を掘り下げていかないといけないな」とあらためて感じました。でも、その作業がとても楽しくなりそうな、とても魅力的なキャラクターだと思います。

作品の見どころは?
内田真礼さん:トキメキです! 洸のイジワルや子どもっぽさ、たくさんの顔を見て、双葉が心揺れ動くときのふわっと風が舞い上がる感じ! そんな瞬間がたくさんちりばめられています!!

梶裕貴さん:原作の自然でリアルな空気感を、アニメでも感じていただけると思います。双葉と洸の鼓動。雨の匂い。青春がそこにあります。

茅野愛衣さん:シーンをあげるときりがないのですが、ひとつ挙げるなら双葉ちゃんの変化でしょうか……。彼女の洸くんや悠里ちゃんたちに出会ってからの心の揺れ動く様を見ていただきたいです!

小松未可子さん:甘酸っぱくて純粋で、でもなぜか思うようにいかない、手が届かなくて、もどかしい気持ち。とにかくずっとドキドキしっ放しです!

KENNさん:キャラクターそれぞれがとても魅力的だし、洸と双葉のお話だけでなく、キャラクターごとのドラマもとても気になります。会話の流れや心の動きなど丁寧に、そしてリアルに描かれているので、自分も一緒にみんなと高校生活を送っているかのような、そんな気持ちになりました。

平川大輔さん:それはもう、キャラクターたちが笑ったり、泣いたり、恋したり、悩んだりしながらキラッキラに青春しているところだと思います! あとちょっとで届きそうなのに、ギリギリ届かない距離とか、想いとか……。そんな歯痒さが、もうたまらんのです!(笑)

視聴者へのメッセージをお願いします
内田真礼さん:夏に始まる「アオハライド」! 青春のトキメキはどうしてこんなに甘酸っぱいのでしょう。はじける双葉のこの夏のひとときに、ぜひ一緒にライドしてください!!

梶裕貴さん:まもなく放送開始です。ひと足早く完成した第1話を観させていただいたのですが……僕自身、胸がドキドキしました。この作品に参加できて幸せです。間違いなく素敵な作品です。ぜひご覧ください。

茅野愛衣さん:今回「アオハライド」に出演できて本当に嬉しく思っています! 一筋縄ではいかないこの恋物語を女性男性問わず、たくさんの方に見て頂きたいです。応援宜しくお願いします!

小松未可子さん:いよいよ始まります、アニメ「アオハライド」! この夏、きっと恋がしたくなると思います。お楽しみに!

KENNさん:漫画、実写、アニメと、さまざまな展開がある作品なので、いろいろな楽しみ方が出来ると思いますし、いろいろな方に触れて頂きたいです。僕らも毎回アフレコを楽しみに演じさせて頂いているので、「アオハライド」ファンの皆様と一緒に、この楽しさを共有できたらなと思います!

平川大輔さん:原作を読ませていただいた時に、胸の中をギュッと鷲掴みにされるような、何とも言えない切ない気持ちになりました。「アオハライド」には、性格も年齢も関係なく惹きつけられる魅力があると思います。その魅力をアニメでもお伝えできるよう、スタッフ・キャスト一丸となって作品作りに取り組んでいます。1人でも多くの方にご覧いただき、甘くてほろ苦くて、「キュンッ!」と切ない気持ちになっていただけたらと思います。

(C)2014 咲坂伊緒/集英社・「アオハライド」製作委員会

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月7日(水)

2016年12月6日(火)

2016年12月5日(月)

今日予約開始の商品