■ 男性声優陣が共演「アクターズハイ」ドラマCDシリーズが本格始動

ホビージャパンによる女性向けキャラクターコンテンツブランド「オトメ座」の第1弾作品「アクターズハイ」のドラマCDシリーズがいよいよ本格始動。ドラマCDシリーズ第1弾「ドラマCD アクターズハイ 第1回公演 魔法の豆~The Magic Beans~feat.次郎丸 楓」が8月27日に、「ドラマCD アクターズハイ 第2回公演 幸せの王子~The Happy Prince~feat.秋好若葉」「ドラマCD アクターズハイ 第3回公演」も順次リリースされる。

「アクターズハイ」は、伝説の演劇大会「アクターズハイ」の優勝を目指す劇団員たちの姿を描いた劇団青春グラフィティ作品。劇団プラネットボックス座長の秋好若葉役を斉藤壮馬さん、団員の次郎丸楓役を寺島拓篤さん、鳴神瑞月役を花江夏樹さん、羽根山奏楽役を梶裕貴さん、桐谷了役を岡本信彦さん、藤晴一役を鈴木達央さんが演じる。

ドラマCDは、まるで本物の演劇の公演を見ているかのような内容で、第1弾では童話「ジャックと豆の木」を題材とした演劇パートとを中心に、開演前アナウンスやバックステージ、カーテンコールなど、彼らの公演の様子を間近で楽しむことができる。

「アクターズハイ」ストーリー
2014年春、東京・吉祥寺のとある一軒家。秋好若葉を座長とし、1つの新しい劇団が誕生する。その名も「劇団プラネットボックス」。彼らが目標とするのは、伝説の演劇大会「アクターズハイ」で優勝すること! 憧れの舞台を夢見て、時にケンカをしたり、時にいっしょに涙を流したり……。果たして夢の大舞台に立てるのはいつ? ハチャメチャ劇団青春グラフィティ、ここに開幕!

(C) OTOMEZA イラスト:小日向あられ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)