■ 舞台「CLOCK ZERO」「華ヤカ哉、我ガ一族」新シリーズ制作が決定

8月2日、3日に東京国際フォーラムで開催された「オトメイトパーティー2014」で、乙女ゲーム「CLOCK ZERO ~終焉の一秒~」の舞台「CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ A live Moment」の新シリーズが11月22日~30日に銀座・博品館で、舞台「華ヤカ哉、我ガ一族 オペラカレイド」第弐幕が12月12日~21日に星陵会館で上演されることが決定した。


「CLOCK ZERO ~終焉の一秒~」は、2010年秋にオトメイトレーベルから発売された女性向け恋愛アドベンチャーゲーム。“オトメゲーム史上一番泣ける”と言われた人気作品で、2013年秋、2014年春に初演・再演と舞台化されている。

一方の「華ヤカ哉、我ガ一族」は、2010年7月にオトメイトより発売された女性向け恋愛アドベンチャーゲーム。 2011年12月に「華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク」としてファンディスクが発売され、2012年12月にOVA「華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ」、2013年7月にはファンディスク「華ヤカ哉、我ガ一族 黄昏ポウラスタ」が発売された。舞台版は2013年4月に初演、8月に再演を行い、今回3回目の上演となる「オペラカレイド」では再び次期党首をめぐる争いが幕を開ける。

(C)IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY
(C)2012-2013 IDEA FACTORY・ichicolumn inc./華ヤカ哉、我ガ一族 キネトグラフ製作委員
(C)華ヤカ哉、我ガ一族 オペラカレイド""製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月4日(日)

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

今日予約開始の商品