■ TVアニメ「終わりのセラフ」に「進撃の巨人」のスタッフ陣が集結

鏡貴也さん原作、山本ヤマトさん作画により「ジャンプスクエア」で連載中の漫画を原作にしたTVアニメ「終わりのセラフ」の制作スタッフ陣が発表された。

アニメーション制作は、「進撃の巨人」「鬼灯の冷徹」と立て続けにヒット作を生み出しているWIT STUDIOが担当。「進撃の巨人」のスタッフ陣が集結し、監督を「進撃の巨人」コンテ演出の徳土大介さん、副監督を「進撃の巨人」助監督の肥塚正史さん、シリーズ構成を「進撃の巨人」の脚本に参加した瀬古浩司さん、キャラクターデザインを「進撃の巨人」作画総監督の門脇聡さんが手掛ける。

「終わりのセラフ」は、未知のウイルスにより人類は壊滅、子どもだけが生き残り、地下都市で吸血鬼に支配されていた世界を舞台に、勝気な少年の百夜優一郎が仲間たちの犠牲の下、ただ一人脱出に成功し、復讐に挑む物語が描かれている。

(C)鏡貴也・山本ヤマト・降矢大輔/集英社
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月8日(木)

2016年12月7日(水)

2016年12月6日(火)

今日予約開始の商品