■ 京アニ制作「甘城ブリリアントパーク」のアフレコレポートが到着

10月よりTBS、BS-TBSほかにて放送がスタートするTVアニメ「甘城ブリリアントパーク」のアフレコレポートが到着した。

「甘城ブリリアントパーク」は、賀東招二さんによるライトノベルが原作。謎の美少女転校生・千斗いすずから遊園地デートの誘いを受けた可児江西也が、訳も分からないまま遊園地に連れて行かれてラティファという本物のお姫様に引き合わされ、閉園の危機にある遊園地の再建を託されてしまういう、テーマパークを舞台にしたドタバタコメディ作品となっている。

可児江西也役を内山昂輝さん、千斗いすず役を加隈亜衣さん、ラティファ・フルーランザ役を藤井ゆきよさん、モッフル役を川澄綾子さん、ティラミー役を野中藍さん、マカロン役を白石涼子さん、ミュース役を相坂優歌さん、シルフィ役を黒沢ともよさん、コボリー役を三上枝織さん、サーラマ役を津田美波さんが演じる。

●【後列左から】黒沢ともよさん(シルフィー役)、相坂優歌さん(ミュース役)、三上枝織さん(コボリー役)、津田美波さん(サーラマ役)、寺島拓篤さん、【前列左から】藤井ゆきよさん(ラティファ・フルーランザ役)、加隈亜衣さん(千斗いすず役)、内山昂輝さん(可児江西也役)、川澄綾子さん(モッフル役) 白石涼子さん(マカロン役) 野中藍さん(ティラミー役)

『甘城ブリリアントパーク』に出演することへの感想をお願いします。
可児江西也役/内山昂輝さん:京都アニメーションさんの作品に出演することが初めて、ワクワクしています。原作のストーリーもとてもユニークな展開だと思いました。

千斗いすず役/加隈亜衣さん:すごくうれしい気持ちと同じくらい、とても緊張しています。ファンのみなさんの期待を裏切らないように、観ていただいたとき楽しんでいただけるよう、精いっぱい頑張っています!

ラティファ・フルーランザ役/藤井ゆきよさん:オーディションに受かったと聞いたときは、信じられなくて3回も聞き直してしまいました(笑)。そんな出来事からスタートしましたが、いまはとても楽しくアフレコに臨むことができています。早く次の台本が見たいです!

モッフル役/川澄綾子さん:原作を読んだときに、まずとても可愛らしい世界観だなと思ったふもっ。その世界観のなかにあって、印象的なキャラクターであるマスコットのモッフルを演じられるということがとても嬉しかったふもっ。

マカロン役/白石涼子さん:マカロンという、絶妙なポジションにいるキャラクターを演じることができてうれしいろん。ストーリーは結構真面目なところがあるから、ユニークなキャラクターの設定とのギャップが面白いと思うろん。

ティラミー役/野中藍さん:原作を拝見させていただいたとき、とても面白かったというのが率直な感想だみ~。そんな作品に出演することができて、とても光栄ですみ~。

ミュース役/相坂優歌さん:豪華な声優のみなさまとともに、甘ブリの“キャスト”として“ゲスト”のみなさまをお迎え出来ること、とてもしあわせに思っています。みなさまに楽しんで頂けるよう、精一杯演じさせていただきます!

シルフィー役/黒沢ともよさん:京都アニメーションさんが手掛ける女の子はかわいいな、っていつも思っていました。そんな私が京都アニメーションさんの作品に参加できることをとてもうれしく思います。そして、エンディング主題歌を私たち4人で担当させていただけるということで、ますます楽しみです!

コボリー役/三上枝織さん:とてもわくわくしています! 「甘ブリ」を盛り上げていけるのか、はたまた精霊たちはなにをしていくのか……。どう物語が進んでいくのか、毎回次の話がとても気になっています。

サーラマ役/津田美波さん:遊園地が舞台のお話ということで、キャラクター達やアトラクションが楽しそうだなってワクワクしています! そして、京都アニメーションさんの作品に出演できるということも、とっても嬉しいです!

ご自身の役柄についてと、演じるうえで気を付けていることはありますか?
内山昴輝さん:初回の収録時に監督から、とにかく偉そうにやってくださいと言われたので、それにまず気をつけています。あとは、第2話で芝居がかった感じで熱弁を振るうシーンがあるので、そこでは普段の会話より大きい表現で、メリハリをつけた話し方を心がけています。

加隈亜衣さん:いすずは西也の学校に突如転校してきた、謎の美少女です。いすずは意志は強いけど、周りから見ると何を考えているのかわからないところがあるかなと思います。けど、いすず自身の胸の内ではいろいろな感情が動いているので、そこを大切に演じるようにしています。

藤井ゆきよさん:ラティファは正真正銘のお姫様です。品があって、心から清くて、人に優しい。いろいろな考えや感情を詰め込むというよりは、純真無垢の真っ白さを表現できたらと思っています。なので、邪心は捨ててお芝居してます!(笑)

川澄綾子さん:外見は可愛らしいのに、中身は“おっさん”というギャップふも。見た目と語尾に引きずられてしまいそうになるので、ダンディさや哀愁漂う感じを意識してるふも。

白石涼子さん:30代バツ1子持ちなオッサンっぽさが出るように、がんばっているつもりだろん。とはいえ、見た目はかわいいので戸惑っているというのが正直な感想だろん(笑)。たくさんのキャラクターに埋もれないようにしたいろん。

野中藍さん:「甘ブリ」のとってもかわいらしいマスコットキャラクターですが、“裏の顔”はとっても下品なんだみ~。そのギャップをおもしろおかしく演じていきたいみ~。

相坂優歌さん:エレメンタリオのパフォーマーで、精霊4人組におけるまとめ役です。「甘ブリ」に対する、真っ直ぐな姿勢をしっかり演じたいなと思っております。とはいえ、慌てたりする姿は可愛らしく演じたい……!

黒沢ともよさん:シルフィーは、ちょっぴりおバカな風の精霊です。シルフィーのいつも感じている“楽しい”という感情を大切にして演じたいな、と思っています。

三上枝織さん:コボリーは控えめでおとなしい子です。だからこそミュースやシルフィー、そしてサーラマたち精霊と一緒にいるときに、いかに個性を出すかに気を付けています。

津田美波さん:サーラマは精霊4人娘のうちの1人で火の精霊なんですが……、なんだか問題児そうな雰囲気を醸しています。でも、サーラマは精霊。あまり性格が悪いと思われないように演じたいと思っています!

もしも、初対面の美少女(もしくは美少年)にマスケット銃を突きつけられて謎のデートに誘われたらどうしますか?
内山昴輝さん:「逃げろ!」と頭の中で指令を出しつつも、なんとなくついていってしまう気がします……。

加隈亜衣さん:まずは銃をしまってもらいます。そこからは喜んで美少女とのデートに付き合います。手とかつないでもらえたら幸せです。

藤井ゆきよさん:それはそれで……。美少女とのデートを楽しみたいと思います!

川澄綾子さん:だ、黙って従うふもっ……。

白石涼子さん:美少年だろん? 美少年だったら付いて行っちゃうかもしれないろん(笑)。美少年限定だろん

野中藍さん:怖いので、素直にデートしちゃうみ~。

相坂優歌さん:めちゃくちゃ怖いですよね……。でも、そんなミステリアスさに惹かれて、ついていってしまうかもしれません(笑)

黒沢ともよさん:ダッシュで逃げます。だって怖いですもん(笑)。

三上枝織さん:美少女に銃を突きつけられるなんて……、ありがとうございます!(笑)。迷わずにデートに付いて行きます!

津田美波さん:断ります(笑)。だって怖いですよ!! せっかくの遊園地なのに楽しめないですよ!!><

たくさんのキャラクターが登場しますが、ご自分の役以外で気になるキャラクターはいますか?
内山昴輝さん:モッフル、マカロン、ティラミーの3人組が好きです。とくに原作にある、3人が居酒屋で飲んでるシーンが大好きです。

加隈亜衣さん:たくさんいますが、モッフル・マカロン・ティラミーの3人……、いや、3匹ですかね。お三方には特に目がいってしまいます。見た目はとてもかわいいのに、話の内容が……(笑)。ぜひ楽しみにしていただけたらな、と思います。

藤井ゆきよさん:モッフル、マカロン、ティラミーですね。川澄さんたちがあの声で、マスコットの私生活の本音を喋ってくれるあたりがたまりません。

川澄綾子さん:ティラミーだふも。

白石涼子さん:シルフィーがとてもかわいいろん! でも、いろいろなキャストが個性豊かだから、みんな気になるろん!

野中藍さん:モッフルとマカロンだみー。

相坂優歌さん:ラティファ様です! コロッケを味わいながら、ティータイムを一緒に楽しみたいです!

黒沢ともよさん:モッフル~ TBSアニメフェスタで出会った、モッフルがほんとうにかわいくて……!

三上枝織さん:ティラミーです。かわいい見た目にかわいい野中さんボイス……。なのに、ギャップあるセリフの数々に目が離せません。大好きです。

津田美波さん:いすずちゃんかなー? いつデレるんだ……、いつデレるんだ……、デレるのか?! いすずちゃんのツンデレもアトラクションのようにワクワクどきどきですね!

アニメの見どころを踏まえて、ファンの方々へメッセージをお願いします!
内山昴輝さん:高校生がダメダメ遊園地を立て直す物語です! ほんとうに個性的かつ謎のキャラクターたちが多数登場します! ご期待ください!

加隈亜衣さん:テーマパークに来たときのワクワク感やドキドキ感、思わず笑ってしまうところなど、本作にはいろいろな楽しさが詰まっています。ぜひ「甘ブリ」にご来園ください。お待ちしています!

藤井ゆきよさん:“遊園地に登場するキャラクター”という概念を吹っ飛ばしてしまうほど、個性豊かな仲間達が大集結しています。彼らが可児江くんの指揮のもと、ダメダメな遊園地をどう立て直していくのか注目です! 熱い展開になること間違いなし!? 皆様のご来園を心よりお待ちしております!

川澄綾子さん:個性的なキャラクター(人間・非人間含め)がたくさん出てきます! 「甘ブリ」の面々の活躍に期待してほしいふも。

白石涼子さん:30代バツ1子持ちなオッサンっぽさが出るように、がんばっているつもりだろん。とはいえ、見た目はかわいいので戸惑っているというのが正直な感想だろん(笑)。たくさんのキャラクターに埋もれないようにしたいろん。

野中藍さん:キュンキュンできちゃうようなエピソードもあったりと、大人も楽しめる作品だと思います。私は主にわちゃわちゃしていますが(笑)。ぜひご覧くださいみ~。

相坂優歌さん:西也くんの作戦により、「甘ブリ」は立て直しに成功するのか? そこはもちろん、精霊4人娘の頑張りにも注目して是非観てくださいねっ! 「甘ブリ」キャスト一同、皆様のご来場をお待ちしております!

黒沢ともよさん:楽しい仕掛けがたくさんあるので、ぜひお気軽に遊びに来てください! ご来園お待ちしています!

三上枝織さん:「甘ブリ」やキャストたちにとって、西也とかかわっていくことでどう変わっていくのか、ぜひ最後まで見届けてください。エレメンタリオで会いましょう!

津田美波さん:これから遊園地の仲間たちも出てくると思いますが、どれもひと癖もふた癖もある個性豊かなキャラクターたちばかりなので楽しみにしていてくださいっ! 精霊4人娘も、この作品を盛り上げていきますよ! エンディング主題歌の「エレメンタリオで会いましょう!」もよろしくお願いします。


「甘城ブリリアントパーク」作品概要
謎の美少女転校生・千斗いすずから強引に遊園地デートの誘いを受けた可児江西也。訳も分からず連れて来られたのは、さびれたアトラクション、ダメダメなサービスの日本一残念な遊園地・甘城ブリリアントパーク。その支配人だという“本物の”お姫様・ラティファに引き合わされた西也は、なぜか突然、閉園の危機にあるパークの再建を託されてしまう。そして、そこはただの遊園地ではなく――!? 原作:賀東招二×アニメーション制作:京都アニメーションという最注目のタッグが贈る“閉鎖寸前ワンダーランド・コメディ”が2014年10月、TBS、BS-TBS他にて放送開始!!

●TBS 10月2日より 毎週木曜日 26:16~(初回放送は28:05~)
●TBC 10月7日より 毎週火曜日 25:48~
●RKB 10月7日より 毎週火曜日 26:08~
●MBS 10月7日より 毎週火曜日 27:30~
●CBC 10月9日より 毎週木曜日 27:30~
●BS-TBS 10月11日より 毎週土曜日 25:30~
●TUT 10月18日より 毎週土曜日 25:53~

(C)賀東招二・なかじまゆか/甘ブリ再生委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月8日(木)

2016年12月7日(水)

2016年12月6日(火)

今日予約開始の商品