■ メインキャスト総出演「一週間フレンズ。」イベントの速報レポート

9月28日にサイエンスホールで「TVアニメ『一週間フレンズ。』スペシャルイベント“友達になってください。”」開催され、昼・夜の2部合わせて約800名のファンが集合。その中から昼の部のイベント速報レポートが到着した。

イベントのオープニングでは、主題歌アーティストの昆夏美さんが「一週間フレンズ。」のオープニングテーマ「虹のかけら」をライブで披露。川嶋あいさんの作詞・作曲による爽やかなテーマ・ソングを澄んだ声で歌い上げ、会場のファンを魅了した。

その後、教室風のセットとなる学校机や教卓が現れ、チャイムが鳴り響く。担任の井上先生役を務める間島淳司さんが登場し、先生からの出欠確認とともに、本日のゲストが続々登壇。主演の長谷祐樹役の山谷祥生さん、同じく主演の藤宮香織役の雨宮天さん、長谷の友だちのクラスメイト・桐生将吾役の細谷佳正さん、香織の友だちとなるクラスメイト・山岸沙希役の大久保瑠美さん、香織の過去を知る転校生として登場する九条一役の浅沼晋太郎さん、そして香織の母である藤宮志穂役の中原麻衣さんの豪華7名のメインキャスト陣が総出演し、会場は温かい声援に包まれた。


キャストを迎えたトークショーでは、まずTVアニメの名シーンを振り返るトークコーナーからスタート。本編よりさまざまな名シーン画像が登場し、キャスト陣が思い出を交えながらTVアニメを振り返った。

そしてバラエティコーナーでは、学校の昼休み時間をイメージしたトランプゲームが始まる。2チームに分かれた神経衰弱ゲームを行い、山谷さん、細谷さん、浅沼さんの男子チームと、雨宮さん、大久保さん、中原さんの女子チームの対決でゲームがスタート。ペアが揃ったチームは、そのカードに書いてある“お題”を相手チームにさせることができ、「しばらく鼻眼鏡をつける」「名台詞朗読」などのユニークなお題が続出。女子チームが連発で的中させ、鼻眼鏡をかけさせられた山谷さんが、「しばらく関西弁でしゃべる」というお題も振られ、結果劇中のセリフを関西弁にアレンジして朗読するという、神がかった展開となり、会場は笑いの渦に。対決は女子チームが圧勝した。

その後、山谷さん、雨宮さん、細谷さん、大久保さん、浅沼さんの5名が登場する朗読劇を披露した。本編の美しい劇伴音楽とともにドラマがスタート。TVアニメのその後を描いた、春休みに遊園地で楽しく遊ぶキャラクターたちの姿を臨場感たっぷりに演じた。終了後、会場からは大きな拍手が贈られた。

そして、ここでエンディングライブに。人気デュオ・スキマスイッチの楽曲をカバーし話題を呼んだ、雨宮天さんが藤宮香織として歌うエンディングテーマ「奏(かなで)」を雨宮さんがライブで初披露した。緊張しながらも、透明感のある歌声でしっとりと歌い上げ、会場中がその声に聴き入っていました。ライブ終了後は、大歓声となった。

その後、イベントはエンディングへ。出演者全員が登壇し、本日の感想をファンへの感謝を込めてコメント。出演者全員の感謝の言葉とともにいったん終了したイベントだが、会場の拍手の中、カーテンコールがあり、再び山谷さん、雨宮さんをはじめとする出演者が登壇。最後に全員で一礼してイベントは終了した。温かい拍手に包まれた、トークあり、朗読劇あり、ライブありのファン大満足のイベントとなった。

(C)葉月抹茶/スクウェアエニックス・「一週間フレンズ。」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)