■ 劇場版「PSYCHO-PASS」のティザービジュアル&ストーリー解禁

2015年1月9日(金)から公開される「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」のティザービジュアル、ストーリー、さらには全国の上映劇場が解禁となった。

人々の精神が数値化される近未来で、正義を問われる警察のドラマを描くアニメーション作品「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズ。それは「踊る大捜査線」シリーズを生み出した本広克行総監督が新たに挑む警察ドラマであり、「仮面ライダー鎧武/ガイム」や「楽園追放」を手掛けたニトロプラスの虚淵玄さんが緻密かつ大胆に書き上げたディストピアSF作品である。

そんなTVシリーズ第1期で虚淵玄さんが築き上げた重厚な世界観を、TVシリーズ第2期では「攻殻機動隊ARISE」「マルドゥック・スクランブル」の冲方丁さんがシリーズ構成を担当し、さらなるSFクライムサスペンスに昇華させている。また、シリーズを通じてキャラクター原案の人気漫画家・天野明さんが人間味あふれる個性豊かなキャラクターたちを生み出した。そして、それらの交錯する鋭いクリエイティブをまとめ上げ、ドラマチックな映像・演出に仕上げたのは「劇場版 BLOOD-C The Last Dark」の塩谷直義監督。第1期、新編集版、第2期で構成される「PSYCHO-PASS サイコパス」TVシリーズ。そしてTVシリーズ第2期に後続する形で、新たなストーリーが劇場版アニメーション作品としてつむがれる。正義をめぐる物語の行方は?

「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」ストーリー
2112年、新人監視官の常守朱と執行官の狡噛慎也は、1人の男と巡り合う。その男は、かつて起きた事件の黒幕。そして狡噛の復讐相手だった。その男――槙島聖護は、平和を支えるシステムの根幹を揺るがし、正義のありかを問いかけた。

やがて狡噛は自らの正義を槙島に遂行し、その身を隠遁してしまう……

2116年――日本政府は紛争国へ「シビュラシステム」と無人ロボット・ドローンの輸出を開始。世界にそのシステムの手を広げようとしていた。内戦状態だったSEAUn(東南アジア連合/シーアン)は「シビュラシステム」を実験的に導入。管理下に置かれた水上都市シャンバラフロートはつかの間の平穏と安全な生活を手に入れた。だが、そのSEAUnから日本へテロリストが送られる。「シビュラシステム」をかい潜り、中枢へ攻撃を仕掛けようとするテロリストたち。そこにはある男の影が落ちていた。刑事課一係の常守朱はシャンバラフロートの捜査へ旅立つ。新たなる地にもたらされた正義の真実が明らかになる――



(C)サイコパス製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)

2016年11月30日(水)

今日予約開始の商品