■ メインキャスト集結「聖剣使いの禁呪詠唱」イベントの公式レポ到着

1月11日(日)に一ツ橋ホールで開催されたTVアニメ「聖剣使いの禁呪詠唱」の放送開始記念イベントの公式レポートが到着した。

放送開始記念イベントには、主人公・灰村諸葉役の石川界人さんをはじめ、嵐城サツキ役の竹達彩奈さん、漆原静乃役の悠木碧さん、四門摩耶役の小倉唯さん、百地春鹿役の内田真礼さん、アンジェラ・ジョンソン役の小見川千明さん(昼の部のみの出演)が出演した。


イベントは悠木碧さんと竹達彩奈さんによる声優ユニット・petit miladyが歌うオープニングテーマ「緋ノ糸輪廻ノGEMINI」のライブで幕を開け、着物姿で登場して振り付きで歌を披露した2人に大きな声援が送られた。


「緋ノ糸輪廻ノGEMINI」はALI PROJECTによる楽曲提供で、その世界観に「黒アリの世界で責任重大」とコメントするも、初披露にもかかわらずサイリウムが大きく揺れ、イベントのスタートを盛り上げた。


第1話上映後に登壇したキャスト陣はアクションシーンがよく動くうえにアフレコ時と違い、魔法文字が綴られるシーンが格好良く描かれていることに顔を綻ばせ、作品の世界観や演じるキャラクターをそれぞれ紹介。キャラクターの印象や演じてみての感想も語られた。


「ピンチを救え!救世主(セイヴァー)は誰だ~~~~」と題されたコーナーでは、「テストで0点を取ってしまった。このままではお母さんに怒られてしまう」「外国人に話しかけられたけど言っていることがわからない」といったピンチをどう乗り切るかを回答。珍回答の数々に会場は爆笑の連続となった。誰が一番セイヴァーかは会場のお客さんの拍手で決められ、その結果小倉さんが優勝となり、お食事券をゲットした。


この日はキャストもまだ観ていないという第2話のダイジェスト映像も上映され、その内容の濃さに今後への期待が膨らんだ。イベント最後には今回が初ライブとなる竹達彩奈さん、悠木碧さん、小倉唯さん、内田真礼さんの4人によるユニット・fortunaによるエンディングテーマ「マグナ・イデア」も披露され、華やかにイベントを締めくくった。


赤光さんによるライトノベルを原作にした「聖剣使いの禁呪詠唱」は、前世の記憶を持つ若者が集まる私立亜鐘学園高校を舞台に、主人公の少年・灰村諸葉が大きな力に目覚め、自身の2つの前世において深い絆で結ばれた2人の少女とともに特別な人生を歩み始める物語が描かれている。

「聖剣使いの禁呪詠唱」ストーリー
私立亜鐘学園高校、そこは前世の記憶に目覚めた若者たち――「救世主(セイヴァー)」が集う学び舎。ある者は、前世の記憶をもとに自らの進退から《通力(プラーナ)》を汲み出し武器と体術の戦技をもって敵を砕く「白鉄(しろがね)」となり、またある者は、物理を越える異能《魔力(マーナ)》を自在に操り、この世にあらざる魔術の業で敵を滅ぼす「黒魔(くろま)」となる。そんな亜鐘学園に、一人の少年が入学した。彼の名は灰村諸葉。史上初めて、白鉄と黒魔の2つの前世《剣聖×禁術保持者》の力に目覚めた彼は、それぞれの前世で永遠の絆で結ばれた最愛の少女2人とも同時に再開を果たし、誰よりも特別な運命を歩み始める――。

(C)あわむら赤光・SBクリエイティブ/ワルブレ製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年8月24日(土)

2019年8月23日(金)

2019年8月22日(木)

2019年8月21日(水)

2019年8月20日(火)