■ 春アニメ「血界戦線」に出演する宮野真守、緑川光らの配役が決定

4月よりMBS、TOKYO MX、BS11にてスタートするTVアニメ「血界戦線」のキャラクターを演じる配役第4弾が発表となり、天真爛漫な性格の青年・ドグ・ハマー役を宮野真守さん、ハマーと深い関係があるデルドロ・ブローディ役を藤原啓治さん、半人半魚のような姿をしているツェッド・オブライエン役を緑川光さんが演じる。

公式サイトでは、ハマー、ブローディ、ツェッドに加え、先日配役が発表となったエイブラムス、パトリックら追加キャラクターの設定画も公開となっている。

「血界戦線」は、「トライガン」など知られる内藤泰弘さんが「ジャンプSQ.」で連載中の新感覚バトルアクション漫画が原作。異界と人界とが交差する街へと変わり果てたかつてニューヨークと呼ばれていた「ヘルサレムズ・ロット」を舞台に、クラウス率いる秘密結社ライブラが世界の均衡を守るためにさまざまなな事件へと挑んでいく物語が描かれている。

クラウス・V・ラインヘルツ役を小山力也さん、レオナルド・ウォッチ役を阪口大助さん、ザップ・レンフロ役を中井和哉さん、音速猿のソニック役を内田雄馬さん、チェイン・皇役を小林ゆうさん、スティーブン・A・スターフェイズ役を宮本充さん、K・K役を折笠愛さん、ギルベルト・F・アルトシュタイン役を小川真司さん、フェムト役を石田彰さん、ブリッツ・T・エイブラムス役を大塚明夫さん、パトリック役を石塚運昇さんが担当。ほかにも釘宮理恵さんの出演が決まっている。


(C)2015 内藤泰弘/集英社・血界戦線製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年5月19日(木)

2022年5月18日(水)

2022年5月17日(火)

2022年5月16日(月)

2022年5月15日(日)