■ アニメ「モンスター娘のいる日常」追加キャストに墨須役の小林ゆう

7月からスタートするTVアニメ「モンスター娘のいる日常」の追加キャストが発表され、「モン娘」の世界観を物語る上でキーとなるキャラクターの墨須(すみす)役を小林ゆうさんが担当することが決定した。

墨須は、他種族間交流コーディネーター。他種族の留学生の世話や他種族間交流法違反を取り締まっている。仕事中はスーツにサングラス、勤務態度はいい加減で、私生活はズボラで、非番の日はゴミ屋敷と化した自宅で下着姿のまま過ごすというキャラクターとなっている。

墨須のキャラクターデザインと小林ゆうさんからのオフィシャルコメントが到着したので、合わせて紹介しよう。


演じるキャラクターの印象を交えての意気込み
小林ゆうさん:墨須さんは、政府にお勤めする他種族間交流コーディネーターさんです。とても魅力的な女性なので、演じる事ができてすごく嬉しいです。時々垣間見える素敵な適当さもまたチャーミングで、そういった部分も大切に演じたいと思います。

ご覧になる方へのメッセージ
小林ゆうさん:「モンスター娘のいる日常」を楽しみにして頂いている皆様、墨須役を演じさせて頂きます小林ゆうと申します。アニメになって素敵に躍動するモンスター娘の皆様が凄く可愛くて大好きです。モンスター娘さん達の魅力は勿論ですが、公人さんと墨須さんのやり取りも注目して頂ければ嬉しいです。

また、世帯主さん参加型特設サイト「ようこそ、世帯主さん! モン娘特設サイト」も開設された。このサイトは、モンスター娘を愛する、そしてモンスター娘を招き入れてくれる「世帯主」の皆様と、ホストファミリーとして迎え入れたモン娘との絆を深めるサイトで、簡単な世帯主登録とモン娘との秘密の合言葉を入れるだけで楽しめる。

遊び方は、6人のモンスター娘のうち、迎え入れたい子を指定して、そのモンスター娘との日常の中で降りかかる、さまざまな出来事に対して、世帯主さんとして適切な対応を3択から選んで回答する。回答結果に応じてモン娘との愛情ポイントが異なり、愛情ポイントを蓄積すると、いろんなプレゼントを手に入れることができる。

「モンスター娘のいる日常」は、人間以外の種族との交流が認められた日本を舞台に、下半身が蛇のラミア族のミーアや、鳥の翼と脚をもつハーピー族のパピ、下半身が馬のケンタウロス族のセントレアをはじめ、個性豊かな“モンスター娘”たちが続々と主人公・来留主公人の家に転がりこんで共同生活を送る物語が描かれる。

下半身が蛇のラミア族のミーア役を雨宮天さん、鳥の翼と脚を持つハーピー族のパピ役を小澤亜李さん、下半身が馬のケンタウロス族のセントレア役を相川奈都姫さん、スライム族のスー役を野村真悠華さん、マーメイド族のメロ役を山崎はるかさん、下半身が蜘蛛の姿をしたアラクネ族のラクネラ役を中村桜さんが演じる。

TVアニメ「モンスター娘のいる日常」作品情報
「他種族間交流法」の施行により、人間以外の種族との交流が認められた日本。ある手違いにより、主人公・来留主公人のもとに他種族の女の子(モンスター娘)たちが続々と転がり込んできて、共同生活を送ることに…!? モテモテハーレム状態だけど、他種族とのふか~い交流は、法律で厳しく禁止されていて……? 可愛いけれど、ちょっとちがうモンスター娘たちと過ごす、少し変わった毎日がはじまる……。


(C)2015オカヤド/徳間書店・モン娘パートナーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年7月16日(火)

2019年7月15日(月)

2019年7月14日(日)

2019年7月13日(土)

2019年7月12日(金)

今日予約開始の商品