■ TVアニメ「境界のRINNE」の追加キャストに遠藤綾&平野文が決定

NHK Eテレにて現在放送中のTVアニメ「境界のRINNE」の追加キャストが発表され、架印の母役を遠藤綾さん、桜の母役を平野文さんが担当する。

「境界のRINNE」は、「うる星やつら」や「めぞん一刻」「らんま1/2」などでおなじみの高橋留美子さんが「週刊少年サンデー」に連載中の漫画が原作。死神みたいな仕事をしている六道りんねと幼いころから幽霊が見える真宮桜が織り成す学園&霊界ラブコメディ作品で、この世に何かの未練を残してさまよう幽霊たちを輪廻の輪へと送るため、2人による奇想天外な放課後ストーリーが描かれている。

主人公の六道りんね役を石川界人さん、ヒロインの真宮桜役を井上麻里奈さん、りんねの契約黒猫の六文役を生天目仁美さん、りんねの祖母で死神の魂子役を雪野五月さん、りんねの父の六道鯖人役を山口勝平さん、十文字翼役を木村良平さん、魔狭人役を柿原徹也さん、ミホ役を徳井青空さん、リカ役を洲崎綾さん、鳳役を村川梨衣さん、架印役を斉藤壮馬さんが演じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年5月27日(金)

2016年5月26日(木)