■ 「劇場版 弱虫ペダル」の超豪華キャスト陣から熱いコメントが到着

いよいよ8月28日(金)から公開される「劇場版 弱虫ペダル」のアフレコを終えた豪華キャスト陣から、「劇場版 弱虫ペダル」に懸けた熱きコメントが到着した。


山下大輝(小野田坂道役)さん
このたびの劇場版はキャラクターそれぞれのいいところがたくさん詰まっております! なので、弱虫ペダルをまだ観たことがない人も新鮮な気持ちで観ることができると思います! これを期に「弱虫ペダル」の世界にハマッっちゃってください! この暑い夏、最高の熱い気持ちを皆さんにお届けできると思います!どうぞよろしくお願いいたします!

鳥海浩輔(今泉俊輔役)さん
我々のレースはまだ終わっていません。見届けて下さいませ。

福島潤(鳴子章吉役)さん
劇場版の分厚い台本を手にした時、緊張感と嬉しさが込み上げたのをおぼえています。本編は、原作を読んだりしながら芝居を考えたり練習したりすることもできましたが、今回はオリジナル長編、しかも渡辺航先生書き下ろしの新作ストーリーです。収録の日は、初めて目にする耳にする台詞と映像に終始興奮しっぱなしでした。またペダルメンバーと一緒に走れたこと、鳴子くんを力いっぱい演じられたことを心から嬉しく思います。収録しながらめっちゃリンコ、ワクワクしました! ドキドキしました! ハラハラしました! そして涙し、大笑いしました♪(笑)。「弱虫ペダル」らしい熱さ「総北」らしいチームワークがいっぱい詰まった劇場版! 胸が高鳴子間違いなし!みなさんも映画館で、僕達と同じ気持ちになって楽しんで下サイクリング。

安元洋貴(金城真護役)さん
熱。伝わると思います。一緒に熱くなってください。これが、チーム総北、最後のオーダーだ!

森久保祥太郎(巻島裕介役)さん
収録日は熱い一日でした。TVシリーズの収録以後、久しぶりに顔を合わせたキャスト陣でしたが、スタジオ内はすぐにいつもの弱ペダの空気になり、収録へと進みました。あるんですよね、弱ペダの空気感というのが。今回、巻島に限らず、たぶん三年生たちにはそれぞれ、受け継いでもらいたいもの、伝えたいものがありました。作中にそういった想いを残し、坂道に伝えるべきことを伝え、収録は完了しました。あとは坂道が、アイツやアイツやアイツらが、スクリーンから皆さんに想いを伝えてくれると思います。ぜひ、その熱を浴びに、受け取りに、劇場へお越しください! 総北、ハコガクはじめ、オールキャストで皆さんのご来場をお待ちしています!!

伊藤健太郎(田所迅役)さん
TVシリーズを終え、一抹の寂寥感を感じながらペダルを回す日々だったのですが……。まさか再びあのメンバーでレースに臨む機会を頂けるとは!感無量です。劇場版ならではの演出も盛り沢山で、皆さんに楽しんで頂けることは間違いないと思いますよ♪ 一ペダルファンとして保証しますっ!これから迎える暑い夏、またみんなで一緒にペダルを回していきましょうね! 僕もこの夏、お芝居もお仕事も自転車も大汗かきながら、熱い日々を過ごしたいと思っています! これからも弱ペダをよろしく!

岸尾だいすけ(手嶋純太役)さん
どーも、暑い日は水分補給をしっかりと、ティータイムを忘れずにね♪ 手嶋純太役・岸尾だいすけです。劇場版・弱虫ペダル、良かったです、手嶋さんの出番があって!! 今回も全力の熱いレースを全力で熱くサポートしております! まだまだ暑い日が続いていることと思いますが、この劇場版をご覧になって身も心も更に暑く・熱く燃え上がって頂ければ幸いです♪

松岡禎丞(青八木一役)さん
収録現場では、腹抱えて笑いたいくらいのインパクトでした(笑)。後半の話の流れが、涙なくしては見られない構成で、 鳥肌が止まりませんでした。また青八木としても参加させていただいたことをうれしく思います! T2として、これからも 頑張っていきたいと思います、皆様応援よろしくお願いします!

宮田幸季(杉元照文役)さん
楽しく演じさせていただきました。……杉元の経験者ならではの話が聞けるかも!?(笑)。「弱虫ペダル」初の劇場版のアニメです。テレビ画面でない、劇場の大スクリーンで楽しんでくださいね。

諏訪彩花(寒咲幹役)さん
激闘のインターハイを終え強い絆で結ばれた総北でしたが、まだまだ彼らのレースは終わりませんっ! 今度は熊本を舞台に、みんな全力でペダルを回しまくりますっ!!! もちろん幹ちゃんたちも全力でサポートしますよ!豪華なオールメンバーに加えて、新たなライバルも出現します。劇場版オリジナルのストーリーにもぜひ注目してほしいです!見応えたっぷりのアツい闘いをぜひスクリーンで堪能してくださいっ!ヒメー☆☆

諏訪部順一(寒咲通司役)さん
彼らの繰り広げる新たなドラマをぜひ劇場で! 『弱虫ペダル』を応援して下さっているみなさんに喜んで頂ける作品になっていると幸いです。

潘めぐみ(橘綾役)さん
胸が熱くなる展開に、目頭が熱くなります。みんなの観たいが、いっぱい詰まっています。想いを繋ぎに、是非、劇場へ! あと、綾がデレます。

堀内賢雄(Mr.ピエール役)さん
大ヒットアニメ「弱虫ペダル」。今回の劇場版も相当中身が濃い作品になっています。監督ピエール役の私としては、「キャストのみんな、パーフェクト!!!」

前野智昭(福富寿一役)さん
お祭りのような熱い展開が待ってます。各学校の魅力がたくさん詰まった作品です。ぜひ劇場でご覧下さい。

代永翼(真波山岳役)さん
やっぱり熱い作品だし、収録していてワクワクがずっと止まりませんでした! 僕としても、またこうして山岳を演じることができて凄く嬉しいです。劇場のでっかいスクリーンで見るにはピッタリの内容になっておりますので、彼らの熱い戦いをその目で焼き付けて、応援してください。きっと何度も劇場に足を運んでしまいますよ(笑)。楽しんでくださいね。

柿原徹也(東堂尽八)さん
この夏、熱い闘いが再び帰ってきます。キャスト、スタッフ一同が魂をぶち込んだ作品になっていますので、是非皆様あの大きなスクリーンと最高の音響システムで「劇場版 弱虫ペダル」をお楽しみ頂ければなと思います。劇場でお会いしましょう!!!

吉野裕行(荒北靖友役)さん
インハイでお馴染みのキャラ勢揃い! 新キャラも登場! お楽しみに!!

日野聡(新開隼人役)さん
今回の劇場版で、またこうして箱根学園のメンバーと共にレースができること、そして何よりもう一度新開を演じることができるのが本当に嬉しかったです。新たなキャラクターの登場や総北を中心としたハコガクや数々のライバル校との迫熱したレース展開は劇場版でも必見です!

阿部敦(泉田塔一郎役)さん
インターハイと同様に劇場版も夏が舞台の物語ですが、熊本のレースも青い空と木々の緑とそれぞれのドラマを感じさせてくれると思います。劇場版「弱虫ペダル」を観て、今年の暑い夏をぜひ楽しんでください。

宮野真守(吉本進役)さん
出演が決まってから原作を読ませていただいたのですが、もうびっくりするくらい面白くて、勢いが止まらないまま一気に読んでしまいました! 熱いストーリー、キャラクターたちの熱い想いに、何度も何度も目頭が熱くなって、電車の中で読んでいると、堪えるのが本当に大変でした(笑)。そんな、一気に大好きになった作品に、出演できることが心底幸せで、今は感謝の気持ちでいっぱいです。僕もこの世界の中で、熱い想いをしっかり表現できるよう、本気で「吉本進」に向かいました。初めての熊本弁にも挑戦しているので、楽しんでいただけたら嬉しいです! 是非、応援よろしくお願いします!

田尻浩章(田浦良昭役)さん
気が付いとると思うばってん、ついに田浦さんに名前がついたったい! 「良昭」てよか名前と思わんか? まさに九州男児って感じたいな! 今回の映画は俺が地元、熊本が舞台ばい! 学生時代にママチャリで走りよったよう知った道ば坂道君たちがロードバイクで走るとは感動もんばい! 熊本在住の人、熊本出身の人にはよう知っとる場所が出てくるけん、それも楽しみのポイントたいな! それと熊本台一火の国、炎のクライマー吉本進! この熱か男ば熱か男宮野真守さんが熊本弁で熱演!! そしてTVシリーズで熱かレースばした皆が、熊本でまた熱かレースばさすけんね、もう皆たいっぎゃむしゃんよか!! ぜひ、劇場版弱虫ペダルばみてはいよ! まうごつ面白かばい!!

関智一(待宮栄吉役)さん
楽しんでアフレコしました。みなさんも楽しんで観てください!!

遊佐浩二(御堂筋翔役)さん
またまた豪華なメンバーでお届けします。今度の大会はどうなるのか? 色々とヤキモキさせますのでお楽しみに!

野島裕史(石垣光太郎役)さん
まず、石垣も劇場版に出られて嬉しい! そして弱ペダファン垂涎の内容になってますよー! やっぱり自転車ロードレースは最高だ。何回でもご覧になって下さいませ!

鈴木千尋(水田信行役)さん
今回は水田くんが頑張っておりました! 劇場版はとても熱い仕上がりになってると思いますので、皆さんぜひ! 何度も観ていただいて楽しんでください!!

「弱虫ペダル」は、渡辺航さんが「週刊少年チャンピオン」に連載中のコミックス累計発行部数1400万部突破のサイクルロードレース漫画が原作。「劇場版 弱虫ペダル」のシナリオは、原作者・渡辺航さんが本作のために書き下ろしたオリジナルストーリーとなる。

「劇場版 弱虫ペダル」で描かれるのは、熊本の地で繰り広げられる「熊本 火の国やまなみレース」。主人公・小野田坂道をはじめとするキャラクターたちが熊本の地に集結し、迫力とスピード感あふれるレースと熱いドラマを展開する。

■「劇場版 弱虫ペダル」ストーリー
全国大会<インターハイ>において、激闘の末に見事総合優勝を勝ち取った総北高校自転車競技部の小野田坂道。夏も終わりに近づく中、卒業を控える3年生の金城、巻島、田所から、「全員で支え合い走りぬく」というチーム総北の魂を受け継いでいくために、日々の練習に取り組んでいた。

そんなある日、チーム総北に、例年インターハイの成績優秀チームが出場する「熊本 火の国やまなみレース」からの出場招待が届く。打倒総北に燃える箱根学園、京都伏見、広島呉南といったライバルチーム、そしてそして“炎のクライマー”吉本を擁する地元熊本台一など、全国の強豪チームが参戦するこのレースに向けて、坂道ら総北メンバーは士気を高めていく。ただ、一人を除いて――。

現行のチーム総北にとって“最後のレース”が、熊本、阿蘇の山を舞台に繰り広げられる。「魂を受け継ぎ、超えていく。」熱き決意を胸に、男たちは再びスタートラインに立つ――!


■「劇場版 弱虫ペダル」
8月28日(金)よりロードショー
配給:東宝映像事業部
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年12月2日(木)

2021年12月1日(水)

2021年11月30日(火)

2021年11月29日(月)

2021年11月28日(日)