■ メインキャストが大集結「Dance with Devils」先行上映会の速報レポ

9月6日に三郷市文化会館大ホールで開催された「Dance with Devils」の第1話先行上映会“トライ・アウト”の速報レポートが到着した。

10月からスタートするTVアニメ「Dance with Devils(ダンス・ウィズ・デビルズ)」のスペシャルイベントで、鉤貫レム役の斉藤壮馬さん、立華リンド役の羽多野渉さん、楚神ウリエ役の近藤隆さん、南那城メィジ役の木村昴さん、棗坂シキ役の平川大輔さんのメインキャストが集結した。

キャストたちがそれぞれ演じるキャラクターのセリフとともにステージ上に登場すると、客席を埋めたファンたちから黄色い歓声が上がった。ステージに登場した5人は、それぞれの持ち味を活かして会場の笑いを誘ったところで、「Dance with Devils」の第1話「倒錯と禁断のカドリール」の先行上映へ。すでに第1話を上映会に先立って観賞しているキャストたちからは、口々に映像の美しさや演出の素晴らしさを称えるコメントが述べられた。

第1話の先行上映を終えると、冒頭の高いテンションを維持したまま、再びステージ上にキャスト5人が再び登場。第1話の上映を終えた客席に感想を求めると、会場に集まったファンからは温かい拍手で返答があった。


上映に続いて行われたトークコーナーでは、5人がそれぞれの演じるキャラクターについて解説を行い、斉藤壮馬さんが演じるレムは、ストーリーが進む中で常に冷静な彼が可愛い一面をのぞかせるシーンがあるなど、趣旨に沿った内容となっていたが、2人目の羽多野渉さん以降は、冒頭に流れるキャラクターソングに合わせてダンスを披露するなど自由な雰囲気となり、トークもキャラクターソングの収録にまつわるエピソードが中心となった。面白おかしくキャラクター紹介を終え、来場者から事前に募集した質問に答えるアンケートトークコーナーへ。

1つ目の質問は“キャラクターになりきってポーズを取るとしたらどんなポーズ?”というもので、近藤隆さんがウリエになりきってポーズを決めたり、続く羽多野渉さんは、ヒロインのお兄ちゃんという設定を活かして、妹を叱る兄を表現。後半になるにしたがって難易度が上がっていく中、3番手の斉藤壮馬さんはレムの趣味である将棋の王手をダイナミックに表現するも腰を負傷するハプニング。トリはいやだとノーアイデアにもかかわらず4番目に滑り込んだ木村昴さんは、ジャケットを大きくはだけてメィジらしさを表現した。最後のトリを務めることになった平川大輔さんは、イベント冒頭の登場シーンで披露したシキの口癖でもある“ゾクゾク”というキーワードに合わせて、寒気を感じているかのようなポーズを取り会場の笑いを誘った。

続いての質問は、会場となった埼玉に関してキャストたちの知識を問う内容。この質問にいち早く反応したのは、ヒップホップミュージックを愛する木村昴さん。2009年に公開された入江悠の劇場映画作品「SR サイタマノラッパー」について熱い思いを語り、また、羽多野渉さんは美女木ジャンクションと“美女木”という地名に関する豆知識を披露した。

ハイテンションなキャストたちにより盛り上がりを見せる会場。続いては、新キャストの発表へ。第1話で登場したヒロインの立華リツカを襲った謎の男ジェキ(CV.鈴木裕斗)やポメラニアンのローエン(CV.山本和臣)、鈴木達央さん演じる本邦初公開の新キャラクターが発表され、それぞれのキャストから届いたビデオメッセージの上映が行われた。

トークコーナーを終えたところで、続いてはキャストが役になりきって、観客に向かってさまざまなシチュエーションで愛の告白を行い、最も良かった告白を決めるという「誰の告白好きですか!?」のコーナーへ。

演じる順番も大事ということで、カードを引いて決まった順番は、木村昴さん、近藤隆さん、平川大輔さん、斉藤壮馬さん、羽多野渉さん。トップバッターの木村昴さんは「夜景が見える高層マンションで……」というシチュエーション。スタートこそ順調に行ったものの最後のシーンで照れが入ってしまった木村さんだったが、最後は観客の声援に背中を押してもらい無事にフィニッシュ。続く近藤隆さんは「海に遊びに行って……」というシチュエーション。途中、フィニッシュかと思い照明が上がってしまい仕切りなおすというハプニングがあったものの、平川大輔さん演じる潮騒の音もムード作りに一役買って、見事に演じきった。

近藤隆さんをサポートする余裕を見せた平川大輔さんが引いたのは「2人でご飯を食べているとき……」という設定。これには平川大輔さんもシキはどんな食べ物を食べているのか? と思案顔。他のキャストたちから、カエルやピロシキなどさまざまな食物(?)が挙げられた中で演技が行われた。4番手の斉藤壮馬さんが演じたのは「ラジオのパーソナリティーがラジオで……」というシチュエーション。DJとなったレムの意中の相手がリスナーとなってプロポーズを求めるという設定をアドリブで作り上げて名演。これには、キャスト陣からは「すごい!」の言葉が送られた。

トリを務めることになった羽多野渉さんが選んだシチュエーションは「料理をしながら……」というもの。客席からのシチュエーション設定に関する声に心を惑わされた羽多野渉さん。最後は、アンケートコーナーで見せた妹を叱る兄のポーズで締めるも、会場の空気にがっくりと肩を落として着席。一番好きな人の演技に拍手をする集計で最も少なかった人には罰ゲームが用意されており、罰ゲームに選ばれたのは、大方の予想通り羽多野渉さんだった。

用意されていた罰ゲームは、シチュエーション告白を女性になって行うというもので、羽多野渉さんが引いたのは「放課後の教室で……」というもの。ただ、これだけではつまらないということで、急遽「犬になりきって」という設定が加えられ、羽多野渉さんはメス犬を演じるも、他のキャストたちが悪乗りを始めてステージ上は大混乱となった。

そんな混乱を近藤隆さんが一括して沈めたところで、ライブコーナーへ。まずは羽多野渉さんがオープニングテーマ「覚醒のAir」、続いてメインキャスト5人のユニット「PENTACLE★」(読み:ペンタクル)が歌うエンディングテーマ「マドモ★アゼル」を披露した。

楽しい時間もあっという間に過ぎて、イベントは終了の時刻へ。最後に5人それぞれから観客にメッセージが送られて、「Dance with Devils」先行上映会は終了となった。


「Dance with Devils(ダンス・ウィズ・デビルズ)」は、人気女性向けコンテンツメーカーのRejetと人気の音楽制作ブランドのElements Gardenがタッグを組んだ歌をキーワードにしたオリジナルTVアニメ。四皇學園という学園を舞台に、主人公で高校2年生の立華リツカと魔界のアクマたちの物語がドラマティックに描かれる。

冷酷な性格のアクマの鉤貫レム役を斉藤壮馬さん、リツカの兄でアクマを退治するエクソシストの立華リンド役を羽多野渉さん、女性にモテるアクマの楚神ウリエ役を近藤隆さん、オレ様で横暴なアクマの南那城メィジ役を木村昴さん、飄々とした性格の堕天使の棗坂シキ役を平川大輔さん、立華リツカ役を茜屋日海夏さん、愛らしい風貌のポメラニアン犬のローエン役を山本和臣さん、ヴァンパイア側に所属して「禁断のグリモワール」を探す謎の男・ジェキ役を鈴木裕斗さん、作中に登場する謎の少年???役を鈴木達央さんが演じる。

TVアニメ「Dance with Devils」作品概要
どこか懐かしい姿をした街・四皇町。そこに暮らす立華リツカは、四皇學園に通う高校2年生の少女。イギリスに留学中の兄・リンドからの時々の連絡を楽しみにしつつ、母とふたりの穏やかな日常を送っていた。

ある日彼女は、學園の生徒の憧れである、生徒会長・鉤貫レムからの呼び出しを受け、生徒会の面々の集まる『第三図書館』で、彼らと不思議な出会いを果たす。

アクマ、ヴァンパイア、エクソシスト。『禁断のグリモワール』を巡り、あらゆる思惑が彼女を中心に動き始める――ヒトか、アクマか? これは魔に愛され、魔に魅入られた、ひとりの少女の物語。


(C)グリモワール編纂室/Dance with Devils製作委員会

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年9月17日(火)

2019年9月16日(月)

2019年9月15日(日)

2019年9月14日(土)

2019年9月13日(金)

今日予約開始の商品