■ 秋アニメ「すべてがFになる」先行上映イベントの公式レポート到着

9月30日にZepp Tokyoで開催された「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」の先行上映イベント「すべてがFesになる」のオフィシャルレポートが到着した。

「すべてがFesになる」は、10月8日よりフジテレビの“ノイタミナ”ほかにてスタートするTVアニメ「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」の第1話・第2話の先行上映会に加え、犀川創平役の加瀬康之さん、西之園萌絵役の種﨑敦美さん、真賀田四季役の木戸衣吹さんによるキャストトークや、オープニング・テーマを歌うKANA-BOON、エンディング・テーマを歌うシナリオアートによるライブなど盛りだくさんのイベントとなった。

イベントは男女ツインボーカル3ピースバンドのシナリオアートのライブからスタート。「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」のエンディングテーマ「ナナヒツジ」のほか、「スペイシー」「アオイコドウ」「ホワイトレインコートマン」の4曲を披露し、イベントのオープニングを盛り上げた。

●オープニングを飾ったシナリオアートによるライブ風景

加瀬康之さん、種﨑敦美さん、木戸衣吹さんによるキャストトークはお題に沿って進めていくことに。『知的な会話劇』が本作の魅力の1つということで、1つ目のお題は『難しい台詞が多い』。今回登壇した3人の役は頭の良いキャラクターということで難しい台詞が多く、木戸衣吹んは「哲学的なことをたくさん話していて理解するのに苦労しています。」と胸の内を明かした。そして会話劇ということで台詞の量が多く、現在収録を終えている6話以降はさらに難しい台詞が増えてくるとのこと。また現場の様子について、現役女子高生の木戸衣吹さんは制服でスタジオに来ていて「お腹が鳴ってNGが出ないようにお菓子を食べています」と話すと、種崎敦美さんから「この間は味噌ラーメンを食べていました」とエピソードを紹介し笑わせた。

●左から木戸衣吹さん、加瀬康之さん、種﨑敦美さん

2つ目のお題は『実写ドラマ感覚で観られる』。通常はアニメーションに合わせて行われるアフレコだが、本作は役者のお芝居に合わせてアニメを描くプレスコの手法が用いられ「自然な流れでお芝居ができるので演じやすいです」と種崎敦美さん。加瀬康之さんも「自由にやらせてもらっています。役者のニュアンスに絵を描いていく作業は難しいと思う」と話した。

本作はキャラクター原案を漫画家の浅野いにおさん、オープニング映像はPerfumeやサカナクションのMVを手掛ける映像ディレクターの関和亮さん、エンディング映像は映像作家の橋本麦さんが手掛けるなど他業種のクリエイターが参加しているということで、3つ目のお題は『異業種コラボレーション』。四季の声について悩んでいた木戸衣吹さんは、浅野いにおさんによるキャラクターイラストからヒントを得て、あまり作り過ぎない自然な感じでお芝居をしようとオーディションに挑んだらしい。

トークコーナー後には第1話と第2話の上映が行われ、ラストのライブコーナーではKANA-BOONがオープニングテーマ「talking」のほか、「タイムアウト」「なんでもねだり」「フルドライブ」の4曲を披露し、迫力のバンドサウンドに観客も手を振り上げ大きな声援を送った。

●KANA-BOONによるライブの様子

また、昨日のイベントで初公開された本作のオープニング&エンディング映像が放送を前に期間限定で公開中。オープニング映像を担当するのは、全編ワンカット映像での撮影で話題を呼だOK Goの「I Won’t Let You Down」を手掛けた関和亮さん。エンディング映像は全編プログラミングを用いて生成された「ジェネレイティブ・アート」と呼ばれる手法に挑み、これまでにない斬新なエンディング映像を完成させた新進気鋭の映像クリエイター・橋本麦さんが担当している。


さらに、本日より本作の主人公犀川創平の研究室メンバーを募集するウェブ上のイベント、犀川研究室入室試験「キミはこの問題が解けるか!?」がスタートしている。こちらは本作に登場するキャラクター・犀川創平と驚異の計算能力を持つ西之園萌絵から出題される入室試験に挑戦するという参加型イベントとなる。正解者の中から研究室メンバー限定Tシャツをプレゼント。頭脳明晰な2人から出題される難問にぜひ挑戦してみよう。

「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」は、理系ミステリィという新しいジャンルを確立し、多くのミステリィ小説ファンを魅了し続けている森博嗣さんのデビュー作にして、シリーズ累計発行部数390万部を誇る名作「すべてがFになる」、そして「すべてがFになる」に登場する早熟の天才プログラマ・真賀田四季の半生を綴った「四季」(全四冊)が原作。

孤島の研究所で少女時代から完全に隔離された生活を送る天才プログラマの真賀田四季にひと目会いたいと、研究所を訪れた那古野大准教授の犀川創平と学生の西之園萌絵が、四季の部屋で起きた不可思議な密室殺人に挑む物語が描かれる。

建築学科の准教授でありながら、鋭い分析と考察力で事件捜査を協力することとなる主人公の犀川創平役を加瀬康之さん、犀川の勤める大学の学生で、犀川とともに事件を捜査することになる好奇心旺盛な深窓の令嬢の西之園萌絵役を種﨑敦美さん、「人類のうちでもっとも神に近い」と言われる天才プログラマの真賀田四季役を木戸衣吹さん、新藤清二役を咲野俊介さん、新藤裕見子役を小林さやかさん、山根幸弘役を鈴木達央さん、弓永富彦役を佐々木敏さん、水谷主税役を伊藤健太郎さん、島田文子役を日笠陽子さん、望月俊樹役を下崎紘史さん、長谷部聡役を伊丸岡篤さん、真賀田未来役を甲斐田裕子さん、国枝桃子役を桑島法子さん、浜中深志役を村田太志さん、儀同世津子役を堀江由衣さん、諏訪野役を長克己さんが演じる。


(C)森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年8月24日(土)

2019年8月23日(金)

2019年8月22日(木)

2019年8月21日(水)

2019年8月20日(火)