■ 11月27日公開の劇場版第1部「亜人 -衝動-」の予告第2弾が解禁

桜井画門さんが「good!アフタヌーン」で連載中の漫画を原作に、異例の3部作として劇場アニメ化される「亜人」。その第1部として11月27日(金)から公開される「亜人 第1部 -衝動-」の本予告ムービー第2弾が解禁となった。

本予告ムービー第2弾の冒頭では、「第28回 東京国際映画祭」のレッドカーペットを宮野真守さんらが歩いている姿や、宮野真守さん、細谷佳正さん、櫻井孝宏さん、平川大輔さん、小松未可子さん、洲崎綾さんらが登壇して舞台挨拶を行った「亜人 第1部 -衝動-」ワールドプレミアの映像も見ることができる。

また、11月13日(金)より「亜人 -衝動-」前売り特典第2弾付き劇場鑑賞券の配付がスタート。第2弾の前売り特典は、「亜人」原作者・桜井画門さんの描き下ろしイラスト付きクリアファイルで、ファイルにプリントしてあるQRコードを読み取ると、本作でシリーズ構成を担当した瀬古浩司さん描き下ろしシナリオによる永井圭&海斗の録り下ろし限定ボイスも視聴できるW特典となっている。


「亜人」は、桜井画門さんが「good!アフタヌーン」で連載中の累計発行部数390万部突破の漫画が原作。異例の3部作として劇場アニメ化され、決して死なない新人類・亜人とそれを追う日本国政府の戦いが本格的なアクションと緻密な心理描写で描かれる。なお、劇場アニメ「亜人」をより深く、緻密に表現するために、TVシリーズが2016年1月よりMBS、TBS、CBCほかにて放送されることが決まっている。

不死になった高校生の主人公・永井圭役を宮野真守さん、圭の友人である海斗役を細谷佳正さん、厚生労働省所属で亜人を追う戸崎役を櫻井孝宏さん、帽子と呼ばれる謎の男・佐藤役を大塚芳忠さん、佐藤と行動をともにしている男・田中功次役を平川大輔さん、戸崎の秘書兼ボディーガードの下村泉役を小松未可子さん、圭の妹の永井慧理子役を洲崎綾さん、亜人研究の第1人者のオグラ・イクヤ役を木下浩之さんが演じる。

劇場版アニメ「亜人」ストーリー
17年前、アフリカ。

神の兵と呼ばれた不死身の兵士が、米軍によって拿捕された。世界で初めて、“亜人”の存在が実証された瞬間だった。その特徴は、不死。病死、事故死、どのような状況下で死亡しようとも即座に身体を再生し、完璧な状態で復活する。それはまさに人類の夢であり、その利用価値は無限に考えられた。その後、亜人は世界で46体、日本では2体が確認された。

しかし、「死ななければ、分からない」亜人はその性質上、発見が難しく、世界にはもっと多くの亜人がいると推測された。高校生・永井圭は、下校中トラックによる追突され死亡。しかし、直後に蘇生を果たす。国内3例目の亜人であることが判明した圭は、警察および亜人管理委員会、さらには、賞金を狙うすべての人間から追われる身となる。山奥へと逃げ込んだ圭は、幼なじみの少年・海斗の力を借り、緊急配備が敷かれた警察の包囲網を突破。さらなる逃走を図る。

同刻、日本国の管理下にあった2例目の亜人・田中が、“帽子”と呼ばれる男の幇助により脱走。この者らは直ちに人類へのテロ活動を開始した。亜人管理委員会の責任者・戸崎は、永井圭の捕獲と、亜人らが起こしたテロ行為の鎮圧に奔走する。そして、手がかりとなる、圭の妹・永井慧理子に目を付ける。だが、そこにはすでに人類への復讐を誓う別の亜人とIBMと呼ばれる謎の黒い物体が侵入していた……。

■劇場アニメ3部作:劇場アニメ3部作 『亜人』 第1部 -衝動-
2015年11月27日(金)より TOHOシネマズ新宿ほかにて2週間限定公開
配給:東宝映像事業部
■TVシリーズ:2016年1月よりMBS・TBS・CBC他にて放送予定
(C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会
関連リンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年1月29日(水)

2020年1月28日(火)

2020年1月27日(月)

2020年1月26日(日)

2020年1月25日(土)

予約受付中の人気作品