■ 10周年を記念して「To LOVEる ダークネス」の新作OVAが制作決定

漫画:矢吹健太朗さん、脚本:長谷見沙貴さんにより「ジャンプSQ.」で連載中の「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」が、2016年で「To LOVEる-とらぶる-」シリーズとして連載10周年を迎えることを記念して、待望の新作OVA×2本の制作が決定した。

2016年7月4日発売のコミックス第16巻に同梱されるOVA1本目は、原作第49話「Mother ~美しすぎる天使~」、第50話「Charm ~偉大なる母~」よりデビルーク三姉妹の母「セフィ」のエピソードをOVA化。原作ファンの人気も高い新キャラ=三姉妹の母「セフィ」がアニメに早くも初登場する。

一方、12月2日発売のコミックス第17巻に同梱されるOVA2本目は、これまで雑誌掲載された原作「To LOVEる」シリーズ全エピソードの中から「エピソード総選挙」を実施し、ファン投票によりアニメ化するエピソードを決める。

「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」は、主人公の男子高校生・結城リトの前に個性豊かな美少女が次々と現れ、トラブルを巻き起こす物語が描かれている。

モモ・べリア・デビルーク役を豊崎愛生さん、金色の闇役を福圓美里さん、黒咲芽亜役を井口裕香さん、結城リト役を渡辺明乃さん、ララ・サタリン・デビルーク役を戸松遥さん、西連寺春菜役を矢作紗友里さん、ナナ・アスタ・デビルーク役を伊藤かな恵さん、結城美柑役を花澤香菜さん、古手川唯役を名塚佳織さん、籾岡里紗&セリーヌ役を柚木涼香さん、ペケ役を新井里美さん、お静役を能登麻美子さん、マスターネメシス役を日高里菜さんが演じている。

(C)矢吹健太朗・長谷見沙貴/ 集英社
(C)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・とらぶるダークネス製作委員会
関連リンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年12月3日(土)

2016年12月2日(金)

2016年12月1日(木)