■ 神谷浩史、坂本真綾ら登壇「傷物語〈I 鉄血篇〉」舞台挨拶レポート

いよいよ本日から公開中の「傷物語〈I 鉄血篇〉」の初日舞台挨拶が新宿バルト9で実施され、そのオフィシャルレポートが到着した。

初日舞台挨拶には、阿良々木暦役の神谷浩史さん、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード役の坂本真綾さん、羽川翼役んの堀江由衣さん、忍野メメ役の櫻井孝宏さんが登壇。満員の観客に盛大な歓声と拍手で迎えられ、初日を迎えた今の心境や、収録当時の裏話などを大いに語い、会場は大いに盛り上がった。


完成した本篇を観覧したコメント
神谷浩史(阿良々木暦役)さん:映画が始まってから終わるまで、本編三部作全部観たと感じるくらいの疲労と同時に、スゴイ作品を観たんだ! というのが第一印象でした。2007年に「化物語」の第1話を初めて観たときも同じような衝撃を感じ、同シリーズで2度もこのような体験をさせられたことに感動を覚えました。

坂本真綾(キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード役)さん:アフレコの時に完成に近い絵は見ていたのですが、実際に完成したものを見ると何段階もブラッシュアップされていて、驚くことばかりでした。BGMや音楽の付け方が独特で、それが世界観を作っているなと思いました。また、全体を通して余白を大切にしている作品なので、表情・動き・音楽で魅せていくので、それにより作品により引き込まれました。

堀江由衣(羽川翼役)さん:最初は家で一人で観たんですが、すごく怖いと感じました。得体の知れないものとの出会いを見てしまったという感じがしました。普通の頃の阿良々木くんが新鮮でしたし、ここが全ての始まりなんだと思うと、感慨深かったです。

櫻井孝宏(忍野メメ役)さん:スクリーンで音響もきちんとした空間で観たのですが、凄いものを観て、凄いものを作って、凄いものに参加したんだというような、一言では言えない、色んな感情を呼び起こされました。まだまだ先があるんだと思わせてくれる瞬間を見た感じがしました。

みなさんへのメッセージ
神谷浩史(阿良々木暦役)さん:本当に声優をやっていて良かったと思わせてくれる作品になりました。でもそれで満足しているわけではなく、このあと二部三部と続き、すべてが終わった時に改めて声優をやっていて良かったと思えるように作っていきたいと思います。まだまだ続く劇場三部作、完結までお付き合いください!

坂本真綾(キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード役)さん:待ちに待った『傷物語』で、その前に(シリーズ)何作もあったのは、楽しい時間を一緒に盛り上がって、満を持してのこの日を迎えるためだったんだなとわかりました。皆さんの観たいという気持ちと、作り手の作りたいという気持ちが合致してこれだけ多くの作品となりました。ぜひ『傷物語』三部作、一緒に見届けていただけたらと思います。

堀江由衣(羽川翼役)さん:Iがこんなに面白いのだから、II、IIIはもっとどんどん盛り上がってきて面白い作品になること間違いなしですので、ぜひ続きも観てほしいです! 初めて〈物語〉シリーズを観た方はその後他のシリーズが時系列で見られるので、完結した後のそういった楽しみ方もしてほしいです。

櫻井孝宏(忍野メメ役)さん:登壇した時に皆さんが“何か良いことがあった”というような顔をしていて充実した気持ちでこの場に立てました。映画の醍醐味がギュウギュウに詰まった本当に楽しい素晴らしい作品ですので、何度でも劇場に足を運んでいただいて楽しんでいただければと思います。

「傷物語〈I 鉄血篇〉」の来場特典プレゼントには原作者・西尾維新さん書き下ろし小説「混物語」が用意されているが、2週目は「最強シリーズ」より哀川潤が登場する「混物語 第強話 じゅんビルド」に決まった。小説「混物語」は、「<物語>」シリーズと西尾維新さんがこれまでに書き上げた小説のキャラクターたちがコラボレーションする初の試みで、4週連続でプレゼントされる。

また、今年夏に全国ロードショーされる「傷物語〈II熱血篇〉」のティザービジュアルも解禁となった。特典クリアファイル付き全国共通特別前売り券&ムビチケが本日より発売中だ。

「傷物語」は、「化物語」の前日譚にあたる「傷物語」を「傷物語〈I 鉄血篇〉」「傷物語〈II 熱血篇〉」「傷物語〈III 冷血篇〉」の全3部作として劇場版アニメ化しているもの。それぞれのタイトルは「傷物語」のキーキャラクターである吸血鬼キスショット・アセロラオリオ・ハートアンダーブレードのキャッチコピーからつけられている。

高校二年生の阿良々木暦は春休みのある夜、伝説の吸血鬼であり、“怪異の王”キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードと衝撃的な出会いを果たす。まばゆいほどに美しく、血も凍るほどに恐ろしく、四肢を失い、痛々しくも無残な伝説の吸血鬼。ようこそ、夜の世界へ――すべての〈物語〉はここから始まる。

■イントロダクション
2014年のオリコン作家別売上ランキングにて、第1位を獲得した作家・西尾維新さん。代表作「<物語>」シリーズは、2009年の「化物語」を皮切りに、監督・新房昭之×制作・シャフト(代表作「魔法少女まどか☆マギカ」)によってTVアニメ化。先鋭的な演出と魅力的なキャラクター造形、原作の文体を忠実に再現した台詞まわしで大きな話題を集め、Blu-ray、DVD全27タイトルが累計出荷枚数200万枚を突破。異例のセールスを記録した。現在「暦物語」までのアニメ化が決定している、まさに2010年代を代表するアニメシリーズの1つである。今回、劇場作品として公開される「傷物語」全三部作では、「<物語>シリーズ」最初のエピソードが語られる。スタイリッシュな映像とともに描き出される「〈物語〉の始まり」は、多くの観客に衝撃を持って受け止められることだろう。

■ストーリー
それは3月25日──春休みのある日のこと。私立直江津高校に通う高校二年生・阿良々木暦は、偶然に学校一の優等生・羽川翼と知り合う。彼女の口から飛び出したのは、最近出没するという「金髪の吸血鬼」の噂だった。普段人との関わりを避けているものの、気さくな翼のことを好ましく思う暦。その夜、暦は噂の吸血鬼と遭遇する。“怪異の王”キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード。金髪金眼の彼女は、四肢を切断され、周囲に血を撒き散らしながら、暦に助けを請う。求められるままに、キスショットに自分の血を与える暦。次に目覚めたとき、彼は彼女の眷属に生まれ変わっていた。戸惑う暦に、キスショットは告げる。「ようこそ、夜の世界へ」と……。


■『傷物語〈I鉄血篇〉」
1月8日(金)より全国公開中
配給:東宝映像事業部
(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年7月28日(木)

2016年7月27日(水)

今日予約開始の商品