■ 「僕のヒーローアカデミア」の追加キャストに井上麻里奈、細谷佳正

MBS/TBS系全国28局ネットの毎週日曜夕方5時、通称“日5枠”で4月からスタートするTVアニメ「僕のヒーローアカデミア」に登場する個性豊かなキャラクターたちの中でも、とくにクールで知性派な2人のキャラクターのボイスキャストが発表された。

トップクラスの成績に抜群のプロポーションとまさに才色兼備な八百万百(やおよろず・もも)役を井上麻里奈さん、鳥のようなクールでユニークな風貌の常闇踏影(とこやみ・ふみかげ)役を細谷佳正さんが担当。2人のキャラクターのデザイン画も公開となった。

八百万百(やおよろず・もも) CV.井上麻里奈
トップクラスの成績と、高校1年生らしからぬ抜群のプロポーションを誇る。“個性”は、生物以外の有機物を生み出すことができる「創造」。

常闇踏陰(とこやみ・ふみかげ) CV.細谷佳正
鳥のような風貌でクールな性格。“個性”は、伸縮自在で実体化する影のようなモンスターを宿している「黒影(ダークシャドウ)」。

井上麻里奈さんコメント
八百万百を演じさせて頂きます井上麻里奈です。子どものころ、皆一度はヒーローやヒロインに憧れますよね。誰しも持っているアツい想いをこの作品に込められたらと思っています。個性溢れるキャラクター達がアニメでどんな表情を見せてくれるのか、今からアフレコが楽しみです。個人的には梅雨ちゃんがとても好きです!

細谷佳正さんコメント
人の顔をしていないキャラクターを頂くことがあまりなく、自分にとってとても貴重なご機会を頂いたと思っているので、収録が今から楽しみです。作品から自分が素直に感じたことや、ヒーローを目指す彼らの熱のようなものを視聴者の方々に少しでもお伝えできるよう、一生懸命取り組んで行こうと思います。よろしくお願い致します!

「僕のヒーローアカデミア」は、堀越耕平さんが「週刊少年ジャンプ」に連載中の漫画が原作。ヒーローになることが目標だったものの、何の特異体質も持たない“無個性”な落ちこぼれの少年・緑谷出久がNo.1ヒーローのオールマイトと出会ったことで運命が大きく変わり、さまざまな人物、多くの試練と向き合いながら最高のヒーローになるべく成長していく物語が描かれる。

ヒーローになることを目標に成長する主人公の緑谷出久役を山下大輝さん、自他ともに認めるNo.1ヒーローのオールマイト役を三宅健太さん、緑谷出久の幼なじみであり、戦闘センス抜群の自信家な少年・爆豪勝己役を岡本信彦さん、明るく裏表のない性格でデクのよき理解者の麗日お茶子役を佐倉綾音さん、デクの同級生になる品行方正な少年の飯田天哉役を石川界人さん、蛙の“個性”を持つ女の子の蛙吹梅雨役を悠木碧さん、女好きなお調子者の峰田実役を広橋涼さんが演じる。

監督を長崎健司さん、シリーズ構成を黒田洋介さんという、「ガンダムビルドファイターズ」を手掛けた2人が担当。キャラクターデザインを「ハートキャッチプリキュア!」から「蟲師」まで多彩な作風を見せる馬越嘉彦さん、アニメーション制作を「鋼の錬金術師」や「血界戦線」の大ヒットも記憶に新しいボンズが手掛ける。

■「僕のヒーローアカデミア」あらすじ
「架空(ゆめ)」は、「現実」に! これは、僕が最高のヒーローになるまでの物語だ。

ことの始まりは中国・軽慶市から発信された「発光する赤児」が生まれたというニュース。以後各地で「超常」が発見され、原因も判然としないまま時は流れる―。世界総人口の八割が何らかの特異体質である超人社会となった現在。生まれ持った超常的な力“個性”を悪用する犯罪者・敵(ヴィラン)が増加の一途をたどる中、同じく“個性”を持つ者たちが“ヒーロー”として敵(ヴィラン)や災害に立ち向かい、人々を救ける社会が確立されていた。

かつて誰もが空想し憧れた“ヒーロー”。それが現実となった世界で、ひとりの少年・緑谷出久(みどりや いずく/通称 デク)もヒーローになることを目標に、名立たるヒーローを多く輩出する雄英高校への入学を目指していた。しかし、デクは総人口の二割にあたる、何の特異体質も持たない“無個性”な落ちこぼれだった……。

ある日、デクは自身が憧れてやまないNo.1ヒーローのオールマイトと出会い、それを機に運命を大きく変えていくことになる。友、師匠、ライバル、そして敵(ヴィラン)……。さまざまな人物、多くの試練と向き合いながら、デクは最高のヒーローになるべく成長していく。

新世代の熱きヒーローストーリーが、始まる!


(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年7月24日(日)

2016年7月23日(土)

今日予約開始の商品