■ アニソンの祭典「ANIMAX MUSIX」大阪公演の公式レポートが到着

2月13日にグランキューブ大阪で開催された「ANIMAX MUSIX 2016 OSAKA」のオフィシャルレポートが到着した。「ANIMAX MUSIX」は、アニメミュージックの魅力を世界へをコンセプトにアニメ専門チャンネルのアニマックスが2009年から開催している恒例のアニソンライブイベント。「ANIMAX MUSIX 2016 OSAKA」でも豪華アーティスト陣が共演した。


トップバッターを務めたのは2014年の横浜公演に続いて、2度目の「ANIMAX MUSIX」出演となったGARNiDELiA。TVアニメ「キルラキル」のOP曲「ambiguous」ほか、3曲を熱唱した。続いて、本イベントと同日に公開された「劇場版 selector destructed WIXOSS」の主題歌を担当する分島花音さんが3曲を披露すると、ライブ開始早々、会場は熱気に包まれた。

その後、2015年11月の横浜公演に出演したアーティストが大阪公演に出演するアーティストを指名する連動企画コーナーでは、AKINO with bless4が鈴木このみさんを指名。鈴木このみさんは、AKINO with bless4のヒット曲「艦隊これくしょん -艦これ-」のOP曲「海色(みいろ)」を披露した。さらに、i☆Risが指名した木戸衣吹さんと山崎エリイさんによる声優ユニットのeverying!は、「ドリームパレードを披露した。


また、ファンが聞きたいアニメミュージックを募集し、出演アーティストがカバー&コラボレーションする「FAN SELENTION」のコーナーでは、fripSideがメンバーの八木悟志さんが楽曲提供をした井口裕香さんの「Shining Star-☆-LOVE Letter」をカバーし、みみめめMIMI、Rayさん、everying!がTVアニメ「がっこうぐらし」のOP曲「ふ・れ・ん・ど・し・た・い」をオリジナルの振付を取り入れて歌唱した。


後半には、「栗林みな実」から改名したMinamiさんがシークレットゲストとして登場し、「冥夜花伝廊」などカバー曲を含む4曲を熱唱。改名後初のパフォーマンスとなるステージで多くの観衆を引き付けた。


さらに続いたのは、期待の新星で現役高校生声優ユニットのeverying!。「ANIMAX MUSIX」初登場を感じさせない堂々のステージジングを披露した。トリ前では、地元大阪出身の鈴木このみさんがTVアニメ「さくら荘のペットな彼女」のED曲「DAYS of DASH」などを熱唱。 そして大阪公演で2年連続となる大トリを務めたfripSideの圧巻のステージに観客の盛り上がりは最高潮に達した。


そしてエンディングは、出演アーティスト全員でTVアニメ「忍たま乱太郎」OP曲「勇気100%」を熱唱し、アーティストと観客、皆が一体となっておよそ4時間半にわたるステージを終えました。「ANIMAX MUSIX 2016 OSAKA 」の模様は、アニマックスで5月に放送予定となっている。


関連リンク
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2017年11月20日(月)

2017年11月19日(日)

2017年11月18日(土)

2017年11月17日(金)

2017年11月16日(木)

今日予約開始の商品