■ 三森すずこが歌う春アニメ「聖戦ケルベロス」ED曲の音源が解禁に

4月からスタートするTVアニメ「聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ」のオープニングテーマに続いて、三森すずこさんが歌うエンディングテーマ「Xenotopia」の音源が解禁となった。


エンディングテーマ「Xenotopia」は、ロック調の中にも切なさやキュンとする詞があり、エンディングテーマにふさわしい楽曲となっている。タイトルの「Xenotopia」とは、Xeno(異世界の)+utopia(理想郷)の造語であり、「聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ」の舞台となる聖アモリア王国、イシルフェン王国、ヴァンロディス王国の三国がまたがる異世界を表現。三国の力は均衡状態にあり、いずれかの一国で変事が起これば大陸全土に戦火が広がるのが目に見えている危うさ、そして「理想郷」を求める気持ちが歌詞に込められている。

三森すずこさんは、楽曲解禁をするにあたり「以前、ピンクミューズを演じさせて頂いた『聖戦ケルベロス』がTVアニメ化!ということで、エンエディングテーマを担当させて頂き、また『聖戦ケルベロス』にかかわることができてとてもうれしいです。『Xenotopia』という楽曲は“異世界の理想郷”を表現しています。アニメも楽曲もぜひお楽しみください!」とコメントしている。

なお、初回限定盤にはミュージックビデオとメイキング、オフショットを収録したDVDが同梱される。


GREEによる本格カードバトルRPGが原作のTVアニメ「聖戦ケルベロス」は、邪竜と恐れられるダガンゾートに両親を殺された主人公・ヒイロが敵討ちのために旅に出て、さまざまな種族の人々と出会い、いつしか仲間となってダガンゾート討伐を目指す物語が描かれる。

ヒイロ役を松岡禎丞さん、サラ―ト役をM・A・Oさん、エリン役を内田真礼さん、ギルー役を楠大典さん、トミッテ役を小笠原亜里沙さん、パルパ役を上田燿司さん、ナンブーコ役を咲野俊介さん、シャリシャルー役を伊瀬茉莉也さん、ムムー役を沼倉愛美さん、バッハロッパ役を小室正幸さんが担当。監督を「ケロロ軍曹」の近藤信宏さん。シリーズ構成を「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」の大野木寛さん、アニメーション制作を「みつどもえ」「デビルサバイバー2」のブリッジが手掛ける。

■TVアニメ「聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ」作品概要
剣と魔法が支配するクナアーン大陸。そこには強力な三つの国が存在していた。聖アモリア王国、イシルフェン王国、ヴァンロディス王国の強力な三国である。三国の力は均衡状態にあり、いずれか一国で変事が起これば、大陸全土に戦火が広がるのは目に見えている。クナアーン大陸には、各地に出没し大地を焼き、破壊をほしいままにしていた邪竜と恐れられるダガンゾートが存在していた。

10年前、ヒイロの両親バイロとキスミテーテをはじめ魔導士たちはダガンゾートを封印しようと魔法の儀式を行ったが、何者かによって邪魔が入り、封印に失敗した。のちにこれは「バルバゴアの惨劇」と呼ばれる。幼いヒイロはギルーに助け出され、両親の仇を討つために剣の修行に励む。

そして10年後、16歳になったヒイロは、邪竜退治の旅に出ると勝手に家を出る。そんなヒイロにギルーはしかたなくついていくしかなかった。邪竜ダガンゾートを探し出す旅の道中で、ヒイロは様々な種族の人々と出会い、いつしか仲間となってダガンゾート討伐を目指すのだったが…。果たしてヒイロは、自らが負った宿命に打ち勝ち、ダガンゾートを倒すことができるのだろうか…!?


(C)2016 GREE, Inc. /iQIYI.GREE.MEDIALINK.TV TOKYO
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年5月26日(木)

2016年5月25日(水)