■ 平坂読「妹さえいればいい。」第4巻発売。限定版はドラマCD付き

平坂読さんのライトノベル「妹さえいればいい。」第4巻が発売された。

「僕は友達が少ない」で知られる平坂読さんの作品で、イラストは「変態王子と笑わない猫。」などで知られる人気イラストレーター・カントクさんが担当。重度の妹好きのライトノベル作家・羽島伊月が主人公。残念系美少女・可児那由多、ヒロイン・白川京、完璧超人の弟・千尋など、個性的な面々との日常が描かれる。

第4巻には限定版が用意され、ドラマCDが付属。脚本は平坂読さんの書き下ろし。キャストは、羽島伊月役を小林裕介さん、羽島千尋役を山本希望さん、可児那由多役を金元寿子さん、白川京役を種田梨沙さん、不破春斗役を日野聡さんが担当している。

小学館による内容紹介は以下の通り。第1~4巻の試し読みができる。

Amazon.co.jp「妹さえいればいい。4 ドラマCD付き限定特装版」
Amazon.co.jp「妹さえいればいい。 4」
Amazon.co.jp「妹さえいればいい。4」(※Kindle版)
小学館「コミック 『妹さえいればいい。4 ドラマCD付き限定特装版』」
小学館「コミック 『妹さえいればいい。 4』」
妹さえいればいい。特設サイト
※第1巻の試し読み
※第2巻の試し読み
※第3巻の試し読み
※第4巻の試し読み
Wikipedia「平坂読」
5年目の放課後(※カントクさんのサイト)
Wikipedia「カントク」

作家達の日常がついにドラマCD化!!

『妹のすべて』のアニメ化が決定し、さらにはコミック化も決まって絶好調の羽島伊月。しかしコミカライズ担当に選ばれた天才マンガ家・三国山蚕が、ぷりけつや可児那由多、それに白川京たちをも巻き込んだ大きな騒動を引き起こす。そんなメディアミックスを巡る慌ただしい日々の中、不破春斗が『ラノベ作家の人生』を題材にしたボードゲームを持ってきて、みんなでプレイすることになるのだが……!?大人気青春ラブコメ群像劇、待望の第4弾!豪華キャスト&作者書き下ろし脚本によるドラマCD付き特装版で登場!!!!
/blockquote>


このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年9月30日(金)

2016年9月29日(木)

2016年9月28日(水)

今日予約開始の商品