■ TAAF2016「アニメ オブ ザ イヤー部門」のグランプリ2作品が決定

「東京アニメアワードフェスティバル2016」の「アニメ オブ ザ イヤー部門」グランプリが発表され、劇場公開部門を「ラブライブ! The School Idol Movie」、テレビ部門を「SHIROBAKO」が受賞した。

「アニメ オブ ザ イヤー部門」は、2014年11月~2015年10月までの1年間に日本国内で制作・放送、公開されたTVアニメ、劇場アニメ全489作品の中から、100名を超えるアニメ関係者の投票によりノミネート作品を選出。その中から今回のグランプリ作品が決定した。

ちなみに、劇場映画部門に「心が叫びたがってるんだ。」「バケモノの子」「ラブライブ!The School Idol Movie」「楽園追放 -Expelled from Paradise-」、テレビ部門には「おそ松さん」「四月は君の嘘」「SHIROBAKO」「ワンパンマン」がノミネートされていた。

「東京アニメアワードフェスティバル」は、アニメーション作品の振興を目的とした国際アニメーション映画祭。もともとは「東京国際アニメフェア」の一環として2002年から始まった「東京アニメアワード」が母体で、2016年で3回目の開催となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年6月27日(月)

2016年6月26日(日)

今日予約開始の商品