■ 映画「スノーホワイト/氷の王国」に水樹奈々ら豪華吹き替え声優陣

「マレフィセント」「アリス・イン・ワンダーランド」の制作スタッフが贈るアクション・アドベンチャー超大作として、5月27日(金)から公開される「スノーホワイト/氷の王国」の日本語吹替え版に超豪華声優陣が決定した。


吹き替えキャストには、クリス・ヘムズワース演じる“ハンター”エリック役を杉田智和さん、ジェシカ・チャステイン演じる“戦士”サラ役を朴ロ美さん、シャーリーズ・セロン演じる“邪悪な女王”ラヴェンナ役を田中敦子さん、エミリー・ブラント演じる“氷の女王”フレイヤ役を水樹奈々さん、そして、ウィリアム役を浪川大輔さん、ニオン役を茶風林さん、グリフ役を落合弘治さん、ミセス・ブロムウィン役を松本梨香さん、ドリーナ役を武田華さん、鏡男役を大塚明夫さんと、豪華な声優陣での吹き替えが実現。氷の王国を舞台に壮大な戦いを繰り広げる。

世界中の誰もが知るグリム童話の名作「白雪姫」に大胆なアレンジを加え映画化し、全世界で大ヒットを記録したアクション超大作「スノーホワイト」が、再び帰ってくるもの。続編となる最新作「スノーホワイト/氷の王国」では、オスカー女優のシャーリーズ・セロン、クリス・ヘムズワースといったシリーズオリジナルのキャストに加え、新たにエミリー・ブラント、ジェシカ・チャステインといった世界的人気女優が参戦するなど、これ以上ない豪華なキャスティングが実現。圧倒的な映像美と壮大なスケールで、「白雪姫」の背後に隠されていた壮大な物語が明らかになる。

■「スノーホワイト/氷の王国」
魔法の鏡に向かって、女王が訪ねる。「鏡よ、鏡。この世で一番美しいのは誰―?」。かつて、その美貌と邪悪な力で世界を闇に包んだラヴェンナ女王は、白雪姫<スノーホワイト>とハンターのエリックの手によって滅ぼされ、世界に平和が訪れたはずだった……だが人々は知らなかった。ラヴェンナ女王には、さらに強力な魔力を持つ“氷の女王”フレイヤという妹がいたことを……。


5月27日(金)より TOHOシネマズ日劇 ほか全国ロードショー
配給: 東宝東和
(C)Universal Pictures
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2016年7月29日(金)

2016年7月28日(木)