■ 「映画プリキュアオールスターズ」最新作の大ヒット舞台挨拶第2弾

4月9日にTジョイPRINCE品川で行われた「映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!」大ヒット舞台挨拶第2弾のオフィシャルレポートが到着した。


2004年2月にTV放送が開始されて以来、広く愛され続ける「プリキュア」シリーズ。今では誰もが知る国民的アニメとなったTVシリーズとともに歴史を歩んできた「映画プリキュア」シリーズは、本作で記念すべき20作品目を迎えた。

そんな節目を飾るのはオールスターズ最新作「映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!」には、「魔法つかいプリキュア!」のキュアミラクル&キュアマジカルも加えた総勢44人のプリキュアがスクリーンに大集合。シリーズ初の本格的なミュージカル作品で、歌と魔法の世界で<プリキュアの涙>を守るため、バトルを繰り広げる物語が描かれている。

大ヒット舞台挨拶第2弾には、現在放送中の「魔法つかいプリキュア!」より朝日奈みらい/キュアミラクル役の高橋李依さん、リコ/キュアマジカル役の堀江由衣さんに加え、「GO!プリンセスプリキュア」から嶋村侑さん、「ハピネスチャージプリキュア!」から中島愛さん、そして「ドキドキ!プリキュア」から生天目仁美さんの先輩プリキュア声優が駆けつけた。

キャストたち一人ひとりの名乗りが終わると、盛大な拍手とともに、来場者全員にプレゼントされたミラクルステッキライトを点灯させ、会場が一機に盛り上がり、舞台挨拶がスタート。現在の現役プリキュアである堀江由衣さんが、「フローラちゃん、めっちゃ好きなんです」と告白すると、嶋村侑さんが恐縮しながらも「私は、堀江さんが大好きです」と相思相愛が判明。間に挟まれる高橋李依が、「あ、すごい。お幸せに♪」と照れながら祝福。

また、今回がオールナイト上映ということもあり、堀江由衣さんから観客に「お客さんの体調が心配」と正直な気持ちを吐露すると、生天目仁美さんが「なんなら今、寝てもらっても」と冗談でかぶせ、観客をいたわる場面も。トーク中はキャストどうし、先輩後輩のつながりを感じながらも、敬愛し合う姿に、大ヒットというタイミングと重なり、お祝いムードがあふれる舞台挨拶となった。

先輩プリキュアとして劇中に登場されました。後輩ができた気持ちは?
嶋村侑さん:とっても嬉しくって、後輩って、頼もしいですね。(と先輩たちに同意を求めて)最初お話をいただいた時は、今まで続いてきたプリキュアが、私たちの代で終わったら嫌だなって思っていました。その後、「続きができるよっ」て、聞いたので、本当によかったと思ってました。そして、今日こうして一緒に立たせてもらっているのが、嬉しいです。

高橋李依さん:私、そういえば「GO!プリンセスプリキュア」で、最初の頃、女子生徒役でちょこっと出させてもらって。(堀江由衣さんに)あ、でも、浮気じゃないんです。すいません。(と懸命にフォロー) それで、一緒のLINEグループで共有させていただいてて、そんな中から、今こうしてピンクになって、っていうのが、本当に、嬉しいです。

堀江由衣さん:私も「ハピネスチャージ」に出させてもらってたのに、入れてもらってないんですけど。(と懇願しつつ、中島愛さんにクレーム。)

中島愛さん:ライン聞けないですよ。でも、今日、皆さんの前で言っていただけたので、これで、聞けます(笑)。

堀江由衣さん:ぜんぜん、教えるよ。だって、寂しいもん。

久々にアフレコで再会されたとおもいます。それぞれ、思い出深いエピソードは?
生天目仁美さん:今まで5人で言っていた「響け、愛の鼓動」って、久々に言えたのが、嬉しかったです。今では悪者(わるもの)チームは悪者チームで仲良しで、この間「飲み会やった」と聞いたので、「いいなっ。行きたい」て言ったら、「だって、アンタ、良い者だけど、いいの?」なんて言いながら、今だに繋がってます(笑)。こうして培ってきたものを皆さんに観てもらえるのが幸せです。

中島愛さん:ハピネスチームも時々会ってますが、スタジオで会うのが1年振りなので、嬉しかったです。ただ、周りの方から、「わかるよね、先輩だよ。声、一発でそろえられるよね?」って、言われました。そうですよね、って思いつつ、ちょっと気を引き締めなおさないとね、と(アフレコの時)思ってました。そして、この(会場の)空気、懐かしいな、と思います。

どんな先輩(プリキュア)になりたいですか?
堀江由衣さん:後輩のことが心配なので、いつでも、本編に出られるようには、と思ってますけど(笑)。プリキュアは、(続いて)出ちゃいけないって決まりはないので、(「魔法つかいプリキュア」が)2年目に突入するって言うのが、野望なので(笑)。

今日は単独映画を観ていただくのですが、見どころは?
嶋村侑さん:私は、まだ1年たってなくて、プリキュアとしては短編3作品というのが初めての試みでした。そうした、短編というのもありますし、音楽で、感情を沢山表現するということをしたんですが、(その表現が)とっても素晴らしくって、こんなことも(作品で)できるんだということ、プリキュアはもっとできるんだ、と思えた作品でした。(作品の可能性の)そんなところが見どころです。

中島愛さん:人形のつむぎに、堀江由衣さんがゲストでいらしていただきました。この「ハピネスチャージ」はシリアスなシーンが多く、大人の心に響く作品。人を助けるということが、相手にとって本当にいいかどうか、がむしゃらに助けるだけでいいのか、と深いメッセージがあります。そして、劇中歌などの歌もかっこいいので、そういうところを、改めて観てほしい。

生天目仁美さん:私は、(自分が出演する「ドキドキプリキュア」に)泣きましたね。うちの代は、感動的でした。「ドキドキ!プリキュア」で、マナが(劇中で)結婚した次の年に、私も結婚したんですけど、思い出深いですね。(映画のイベントで)ウエディングドレスを着させてもらったことも思い出深いですし、この「ドキドキ!プリキュア」というのは、プリキュアという作品から攻めた作品。「ドキドキプリキュア」のオープニングの歌詞を見ると、この(描いている)世界がつながってるというのがわかってもらえる作品なので、オープニングから改めて観てほしい。

うちのチームのここがすごい、というのは何がありますか?
生天目仁美さん:うちは、とことんマイペース。グループとしても仲がいいんですが、みんなが自由にやった結果が、一個になるということが多い気がします。言葉では言えないくらい、フィーリングが会う。たとえば、一緒にご飯に行って来れなくても、また後から来て、(その人が)先に帰っても何も言わないし、みんなマイペースの塊。それが1(いち)になってるのが、うちのいいところかな。

中島愛さん:ハピネスチャージは4人組で、全員同世代。女子高ノリですかね。収録が始まった頃はクラスが同じ子たちという感じが、収録が進んでいくと、幼なじみな感じになりましたね。親友感みたいな感じがあって、そこが特色かな。めっちゃ仲いいって、よく周りの人によく言われました。

嶋村侑さん:“GOプリ”は、ノーブル学園に通っているので、ノーブルさかな。(観客に)ごきげんよう。私たちもマイペースだとおもいます。沢城さんがノーブルさの底上げをしてくれてます。どのプリキュアよりもノーブルであったろうと思ってます。

生天目仁美さん:ノーブルなの、そこだけに決まってるじゃんっ。(会場爆笑)

堀江由衣さん:魔法であふれてますね。キュアップラパパと唱えれば、何でもできます。

生天目仁美さん:でも、いつも、何か失敗してなかったっけ?

堀江由衣さん:いいえ、予定通りだし、狙い通りだし(笑)。結構できてないですね(笑)。科学技術がない代わりに、魔法が発達してるのですが、それでも(魔法が)万能ではないし、努力をしないとできない。シリーズ初の魔法使い、というのが、私たちの特色かな。

高橋李依さん:マイペースに、仲良く、ノーブルらしさをもって、魔法をどうしよ……かけてもらった魔法を思い出して、今日を楽しんでください。今おもいついた!(笑)

■「映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!」ストーリー
みらいとリコは人間界に遊びに来てウキウキ! なのに……突然現れた魔女のソルシエールとその仲間・トラウーマの魔法で離れ離れにされちゃった! 彼女たちの狙いは、<プリキュアの涙>。その涙で最悪の魔法が完成しちゃうの!? 世界を守れるのはプリキュア44人の友情だけ! みんなの応援で映画館に奇跡を起こそう!


■映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!
大ヒット 全国公開中
配給:東映
(C)2016映画プリキュアオールスターズSTMM製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2020年7月6日(月)

2020年7月5日(日)

2020年7月4日(土)

2020年7月3日(金)

2020年7月2日(木)

予約受付中の人気作品