■ 「斉木楠雄のψ難」がTVアニメ化、キャストに神谷浩史、小野大輔

麻生周一さんが「週刊少年ジャンプ」に連載中の発行部数350万部突破の漫画「斉木楠雄のΨ難」のTVアニメ化が決定。朝と深夜のダブル放送でテレビ東京ほかにて7月からスタートする。

月~金曜日は、朝の人気番組「おはスタ」内で放送、そして5話をまとめた30分番組として日曜深夜に放送される。

「斉木楠雄のΨ難」は、テレパシー、サイコキネシス、透視、予知、瞬間移動、千里眼など、何でもかんでも自由自在の超能力者である高校生の斉木楠雄が主人公。誰もがうらやむ最強の能力は、実は本人にとっては災難を呼ぶ不幸の元凶で、人前では超能力を封印し、目立たず人とかかわらずをモットーにひっそり暮らしていたが、なぜだか彼の周りには、いつも不思議な人間(生き物)が集まり、次から次へと嵐のように災難が降りかかる物語が描かれる。

キャスト陣も発表され、髪はピンク色で頭部に不思議な装置をつけ、緑色のレンズのメガネという特徴的な容姿の高校生の斉木楠雄役を神谷浩史さん、不良のような容姿で、言動もいい加減なため、クラスの中で避けられている燃堂力役を小野大輔さん、誰もが認める中二病の海藤瞬役を島﨑信長さん、楠雄の父親の斉木國春役を岩田光央さん、楠雄の母親の斉木久留美役を愛河里花子さんが演じる。

アニメ化に寄せて桜井弘明監督、キャスト陣からコメントも到着したので、合わせて紹介しよう。

桜井弘明監督
ネタ満載でベタベタな個性が度を超えて強烈に打ち出されまくるキャラクターたちで毎週繰り広げられるこの凄まじいマンガ。「斉木楠雄のΨ難」を自分自身が読んだときの感覚をいかにアニメで表現出来るのかが、大きな課題なのですが……っていうか、どうすんだよって課題が多すぎるよ、このマンガ! 放送まであと少しの間、ただひたすらお楽しみにお待ちください。放送が始まったら、マンガと読み比べてただひたすらお楽しみください。

斉木楠雄役・神谷浩史さん
◆ご自身の役柄について
台詞は殆どないけれど目の前で起きている事象に対して、心の中でひたすら説明、突っ込みを続けるキャラクターです。これは……本当に損な役回りだなぁ、というのが正直な感想です。だって心の中の声だからそれはあくまでイメージとしての音で、実際に喋り始めたら全然別な声だったってなんてことも考えられるじゃないですか! あ…あんまり言うと本当にそうなりそうだから、これ以上はやめておきます!ギャグって怖いなー!
◆演じるにあたっての意気込み
「ギャグ×超能力」なんて何でもありなので、何が起こるか予測不可能過ぎてとても恐ろしいですが、みなさんに笑いを届けられるように頑張ります!

燃堂力役・小野大輔さん
◆ご自身の役柄について
楠雄のセリフにある通り、一言で言うと「バカ」。というか、これを超える形容が出来ないほどにとにかく「バカ」。清々しいほどに「バカ」。良いやつだけどとにかく「バカ」です。
◆演じるにあたっての意気込み
小難しい理屈は不要だと思っています。頭で考えるのではなく、感じたままに演じたいです。メッチャ楽しみだーっ!

海藤瞬役・島﨑信長さん
◆ご自身の役柄について
人類淘汰を目論む悪の秘密結社ダークリユニオン。その魔の手からセカイを救済するため、†漆黒の翼†海藤瞬は、その右手に宿るフォース“ブラック・ビート”のチカラを以ってダークリユニオンに一人孤独な独立戦線を挑む。孤独な闘いを独り続ける†漆黒の翼†が、同じくチカラを持ったが故に†漆黒の翼†と同じ漆黒の宿命の輪廻という名の翼を背負った少年、†斉木楠雄†と出逢う刻、二人の宿命と運命の輪廻の物語の歯車が動きだす……。まあつまり、中二病です。
◆演じるにあたっての意気込み
おっふ…!海藤瞬役を演じさせていただけること、とても光栄に思います。原作でも一番共感ができて特に好きなキャラクターだったので、本当に嬉しいです。彼の中二病的な一面はもちろんですが、それだけではなく、シャイだったりちょっと情けなかったり、でもとっても友達思いだったりと、海藤瞬という人間のたくさんある魅力をアニメでも余すことなく皆様にお伝えできるよう、全力で務めさせていただきます。どうぞ、よろしくお願い致します。

斉木國春役・岩田光央さん
◆ご自身の役柄について
このお父さん、非常に天然で非常に軽くて非常に仲良くて(笑)エキサイティングでエキセントリックな家族、面白過ぎます。お父さん、やりがいあり過ぎます! あのテンションの高さ、ころころ変わる表情。シッカリと表現していきたいですね!
◆演じるにあたっての意気込み
この作品、サイキックギャグアニメというシュールで、あまりない独特な雰囲気、世界観があって、とても面白いです!また個性的な登場人物たちの多いこと多いこと(笑)。これは負けられませんよ~!! 楽しみながら緊張感を持って演じていきたいと思います。

斉木久留美役・愛河里花子さん
◆ご自身の役柄について
振り子がちぎれて飛んで行きそうな感情の振れ幅が魅力的。どちらの方向の振れ方も怖がらずに凝視してね。
◆演じるにあたっての意気込み
このおかしな世界の一員になれて嬉しいです。現実世界でも夫役の岩田サンとは夫婦で息子も居りますが、こちらの世界の夫も、息子も、久留美流に愛していきたいと思います。

■TVアニメ「斉木楠雄のΨ難」あらすじ
高校生・斉木楠雄は超能力者である。テレパシー、サイコキネシス、透視、予知、瞬間移動、千里眼など、何でもかんでも自由自在。誰もがうらやむ最強の能力は、実は本人にとっては災難を呼ぶ不幸の元凶。それ故、人前では超能力を封印。目立たず人と関わらずをモットーにひっそり暮らしていた。しかし何故だか彼の周りには、いつも不思議な人間(生き物)が集まって、次から次へと嵐のように災難が降りかかるのであった!

(C)麻生周一/集英社・PK学園
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2019年6月20日(木)

2019年6月19日(水)

2019年6月18日(火)

2019年6月17日(月)

2019年6月16日(日)